西山遊野の森羅万象ブログ

youknow.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 07月 23日

高田

高田の街並みは雪国として有名でその象徴が雁木である。雁木とは原則として所有者の私有地を雪深い冬の通り道として提供して、その連続した一連がアーケード状の通路なった状態である。すでにいくつかの街並みでこの形状のものはいくつか見たがこれほど大規模なものは初めて見た。できるなら雪深い冬に見ると一層その機能と仕組みが身をもって理解することができるであろう。
c0074640_23334589.jpg







ほほっ!これは?二階の屋根から三階にかけて梯子が造り付けで設置されている。たぶん冬の雪おろしのためのものであろう。ははん雪がふってからでは急場の梯子を架けての雪おろしは怖かろうて、また毎回はめんどうだろう。そしてこういう恒久設備になったのだろう。こんなのは他の町にもあるのだろうか?
c0074640_23372725.jpg



by youknow1957 | 2009-07-23 23:37 | 町並み


<< 直江津      心は自由に宙を跳んでいるかい >>