タグ:鹿児島 ( 13 ) タグの人気記事


2008年 01月 12日

鹿児島交通キハ100 1981

国鉄のキハ07タイプは60両ほど作れているが。鹿児島交通では南薩鉄道時代に自社発注で製造されたキハ100系はこのキハ07がベースになっている。私が撮影したのが1981だったがその三年後の1984には鹿児島交通の鉄道部門は廃止された。
c0074640_2333322.jpg



by youknow1957 | 2008-01-12 02:37 | 元てっちゃん
2008年 01月 02日

あたらしい年を迎えて

さあ今年もどんな一年がまっているのか
新しい年への船出のとき
まだ日が明けぬ内から
準備を整え出発に備えよう。
航路の確認と目標の寄港地のまでの海図の用意もわすれるな
天草下島牛深に向うフェリー
c0074640_23182275.jpg



by youknow1957 | 2008-01-02 00:02 | サイトとブログ
2007年 02月 15日

岩崎鮮魚店(鹿児島・坊津)

バナナにミカン、カボチャ、ニンジン、ピーマンからサツマイモなんでもあるよ。らしゃいらしゃい。
うちは岩崎鮮魚店だ。新鮮な野菜なら何でもおいてる鮮魚店だい。
「あのすみません鯵はありますか?」
「鯵?それなら野菜屋へいって買いな」
c0074640_2351795.jpg



by youknow1957 | 2007-02-15 00:06 | 看板ウォッチング
2007年 02月 12日

鹿児島の近代建築

正直いって九州の近代建築は門司。と行く前はおもっていた、鹿児島あたりだと、
すでによいものは戦災で消失したり建替えでほとんど残っていないと思っていたが予想は
見事に外れてすばらしい建物がぞろぞろあるのに大いに驚いた。これは小樽、函館、門司、鹿児島
といえるほど近代建築の宝庫かもしれない。
c0074640_0291677.jpg


旧鹿児島紡績技師館



More

by youknow1957 | 2007-02-12 00:31 | 近代建築
2007年 02月 11日

鹿児島探鳥報告

今回のメインは出水のナベヅル・マナヅルであとはその場でのお楽しみということで出発。
どんなに有名な探鳥地でも、たとえばシーズンの離島でも、戸隠や北海道でもまずは
ゼロは無いけれどまた100セントの保証もない。ただしシーズンの出水のツルは100セント
見ることが保障されているぐらい、いけば必ず見られる。それこそバスツアーの団体さんでも
見ることができる。なんせあの大きな鳥が一万羽も来るわけだから見ないで帰る事は
不可能なのだ。だからバーダーとしてはナベとマナ以外にその他ツルを何とかみたいという
淡い期待があった。すなわちアネハヅル・カナダヅル・クロヅル・ソデグロヅル、
それらは年によってこない場合もあるし、来ても数羽程度の数だ。それをその中から見つけ
出すのは大変だろう。ツル観察センターではその数に圧倒されながらもナベヅル・マナヅル
やミヤマガラスはゲット。やはりその他のツルは見つからない。自分の目でみつけたいところ
だがギブアップをして観察員の方にお教えを侯。「クロヅルがねあそこにほら一羽いますよ、
ほらあの道筋、あの白っぽいのがクロヅルです」その後は川内川ではハイイロチュウヒ。
最後は万之瀬川ではクロツラへラサギやハヤブサなど地元のバーダーさんにポイントまで
連れて行ってもらい楽しく観察できた。旅の鳥観察は地元の詳しい方に素直にお聞きするの
が一番たしかな方法。
詳細は「しじゅう山から」
c0074640_1151068.jpg


ナベヅルの飛翔



More

by youknow1957 | 2007-02-11 11:27 | 野鳥と自然
2007年 02月 09日

桜島と開聞岳

鹿児島で山といえばやはり一番に浮かぶのが桜島か。あとは開聞岳、霧島か。
今回はコースの関係でその桜島と開聞岳を見ることが出来た。鹿児島は火山王国だ。
火山がもっとも少ない関西から見ると驚くべき風景だ。
c0074640_017159.jpg



More

by youknow1957 | 2007-02-09 00:17 | 野鳥と自然
2007年 02月 08日

モダニズムな南九州の役場

モダニズムな建物にフラフラ恋してしまった。説明不要のその麗しいお姿ご覧ください。

薩摩川内市役所支所(旧入来町役場)
c0074640_1245213.jpg



More

by youknow1957 | 2007-02-08 01:28 | 近代建築
2007年 02月 07日

南九州の町並み

南九州は全国的にみても珍しい町並みが多い。その特徴は石を多様した武家屋敷が
中心となっていることだろう。特に鹿児島には入来、知覧、出水その代表的な町並みがある。
比較的近距離にあるそれらの町並みは影響しあって形成されたのであろうが、
それぞれ特徴があり違いと共通点を探しながら巡るのも楽しい。どちらにせよ日頃見慣れた
商家の町並みとはちがい興味深い旅となった。また九州は石の文化圏、各地町並みにある
石の表情を観察するのもイイだろう。
入来
c0074640_050926.jpg



More

by youknow1957 | 2007-02-07 00:50 | 町並み
2007年 02月 05日

ホンドテンとオジロビタキ

今回の南九州旅行では予想も予定もしていないものが撮影できた。ホンドテンとオジロビタキ。
そんなにたくさんいる種ではないのでブレ写真ではあるが結構興奮した。
旅先で偶然撮れるのはラッキー。チュウヒはハイイロかどうか現在判定中
c0074640_1433270.jpg


c0074640_1435940.jpg



by youknow1957 | 2007-02-05 01:43 | 野鳥と自然
2007年 02月 03日

知覧の町並み

c0074640_928973.jpg

今鹿児島県知覧にいます。ここは南九州独特の石垣に囲まれた武家屋敷の
伝統的建築群保存地区です。昨日行った入来とは距離も近いのですが、
石垣の組み方がより丁寧で洗練されいて同じ石垣の武家屋敷群でも受ける印象が違います。

by youknow1957 | 2007-02-03 09:28 | 町並み