西山遊野の森羅万象ブログ

youknow.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:高知 ( 7 ) タグの人気記事


2009年 02月 27日

室戸岬灯台

1899年(明治32年)
こちらも歴史はまけていない。大変古い重要な灯台である。
名前も有名な灯台ではあるがこちらはもともと小高い岬の頂上にあるので灯台自身の高さは
ほとんどない。地上からいきなり灯台のランプ部分があるような灯台である。
カッコやイメージから言うとやっぱり高い煙突のような塔の部分があるほうが絵にはなるかもしれない。
c0074640_0422872.jpg



by youknow1957 | 2009-02-27 00:42 | 近代化産業遺産
2008年 03月 09日

うれし泣き看板(吉良川)

町並み見学を車で行って一番困るのが駐車スペースとトイレと食事である。都会の感覚のそれと全く違う。24時間コイン駐車場、コンビニエンスストア、レストランチェーン店などは都市圏や衛星都市にでないとないのである。全国何処にでもあると思うのは大間違い。特に駐車場は切実。とにかく止めるところが無い。田舎や地方へいけば土地スペースなどいくらでもあると思うのも間違い。そういう時役に建つのが役場の駐車場。今までの経験で役場に停めて文句を言われたことは一度もない。トイレもあるし町の情報もある。しかも役場の建物自体素晴しい建築物である場合がほとんど。役所を見つけてまずパチリ。そんななかでも先日うれし泣き出来るような駐車場の看板を見つけた。「町並み見学者の為の駐車場」しかも「見学者以外の方は駐車しないでください」とくれば涙もんです。普通だと役場の駐車場に停める時何かに言われたらどんないい訳をしようか考えながら恐る恐る停めるのだがここはいい。さすが重要伝統的建築群保存地区である。町並み見学者は観光客に比べて地元にお金を殆ど落とさないわりにジロジロうろうろ町中を徘徊するのであまりよく思われていない。
c0074640_2347672.jpg


c0074640_23473737.jpg


こんなカッコイイ建物が駐車場についている。ああ逆です(笑い)安芸市
c0074640_23505253.jpg



by youknow1957 | 2008-03-09 23:45 | 看板ウォッチング
2008年 03月 08日

和洋さあどちら(四択問題カテゴリ特別出演二択バージョン)

瀟洒なイングランドのアンティークの家具とコレクションに囲まれたリビング。アッサム地方でつんだ茶葉を厳選してボーンチャイナでティータイム。白いウインドウの向うに見える庭にはハーブが咲き乱れ、つる性オールドロースがトレリスに絡まり、ガセボに吹く風は緑色。

静寂なる数奇屋のしつらえのにはとさみずきが一輪挿しに。樂家初代の長次郎と思われる茶碗。障子の向こうには小堀遠州好みの庭に配された石のリズムが美しい。宵の頃になると甘く淀んだ空気はもう春の訪れを予感させる。

貴方好みはさあどちら

by youknow1957 | 2008-03-08 23:58 | 四択問題
2008年 03月 07日

旅先の鳥

探鳥旅行と旅先の鳥とはやっぱり違う。探鳥旅行は鳥を撮影するのがメインだが、旅先でであった鳥をスナップで撮るのもまた楽しい。そういうときの方がありふれた日頃の鳥たちの可愛い仕草が撮れたりもする。
タゲリ徳島県那珂川
c0074640_23553177.jpg



ほかにもいたよ

by youknow1957 | 2008-03-07 23:59 | 野鳥と自然
2008年 03月 06日

室戸岬

室戸岬 知らないものがないほど有名な地名。さて何で有名?台風か。それなら室戸岬より室戸岬沖かも。室戸岬沖といえば海洋深層水も有名だぞ。まあ何かと話題になる地名なのだが訪れると様は岬なわけで海に尖がった陸地があるだけ。当たり前といえばあたりまえなのだが地球を感じる風景ではないか。この先に見える大海原!この先は島も対岸もなにもない太平洋!また大きな日本列島の中の四国の中の室戸岬。鋭角にとがったちょん崎なのだ。地図でしかみることがない地形を実感できる場所なのだ。ここはなにもない!でもいちどは行ってそのあっけらかんとした地形を実感してみるのも悪くない。でもえてして観光バスで来るような団体さんはこういうところで大抵はトイレ休憩をして「室戸岬」と書いた看板の前で記念撮影をして、土産を買う(笑)一番多いパターンだ。ふふふそれなら別にどこへいっても一緒でしょう。その風景を少しは感じなさいよ(笑)まあ自分が団体さんの場合はやっぱりそうなるのだろうな。
遊野曰く旅は一人ですべし
c0074640_091555.jpg


c0074640_0103275.jpg


c0074640_0105737.jpg



by youknow1957 | 2008-03-06 23:38 | 旅と季節の話題
2008年 03月 01日

四国の一足早い春便り三題

春は南の海からやってくる
ほらここは南国南徳島宍喰の海
黒潮にのってやってくるリビエラの風
c0074640_2214241.jpg


室戸岬のその手前の
はなな咲きたるやしろの周り
もう春なのねと君がいい
そうもう春なんだと僕が応える
いつか二人で歩こう南の空の下
c0074640_22172975.jpg


瀬戸大橋のたもとから
電車に乗って渡ります
遠い都会のその町へ
あたしはあしたから大人の世界に行くのかしら
いいえ現実はそんなものじゃないんです
あたしは大人だから遠いその町にどんなことが
まっているかはもう判るつもりです
c0074640_22222080.jpg



by youknow1957 | 2008-03-01 22:22 | 旅と季節の話題
2006年 01月 15日

雨と旅行(高知・宿毛)

旅行中雨にたたられた。折角の旅行に雨ということはよくあること。雨もまた良しで行きましょう。旅行なんて結構トラブルが楽しい物きっとその方が思い出に残ります。道を間違え、もどったり傘をさしての写真撮影、靴の中がびしょびしょになったりね。折角の離島訪問も定期船の欠航でアウトになったりもしました。旅も人生もすんなりいったら面白いことありません。回り道して歩いていきましょう。c0074640_21442875.jpg



by youknow1957 | 2006-01-15 21:45 | 旅と季節の話題