西山遊野の森羅万象ブログ

youknow.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:案内 ( 18 ) タグの人気記事


2009年 04月 14日

親族を代表しで新郎の父の挨拶

披露宴での挨拶は父親として人生においての晴れ舞台でもあります。大袈裟にいえば子どもが授かった時にはすでにいずれはこの日がやってくるとさえ思っておりました。それだけに力も入るし緊張もいたしました。
あまり形式ばってもいけないしかといって一定のルールもある、短かくそして印象に残るスピーチができればいいな。でもまずは詰まらず最低限のお礼の気持ちだけは伝えたい。
c0074640_034275.jpg



さて結果はいかに

by youknow1957 | 2009-04-14 00:07 | イベント・公演・ライブ・サロン
2009年 04月 12日

披露宴(日本)

去年の10月に国際結婚でベトナムにて結婚式と披露宴を執り行った息子夫婦ですが、お世話になった先生やお友達、会社の御上司様、同僚の皆様をお招きいたしましての披露宴を本日させていだたきました。
c0074640_22375576.jpg


c0074640_2334397.jpg



ご臨席ありがとうございました

by youknow1957 | 2009-04-12 23:04 | イベント・公演・ライブ・サロン
2007年 01月 01日

謹賀新年

謹賀新年あけましておめでとうございます。ことしもよろしくお願いもうしあげます。
西山遊野
旅と季節のスケッチブック
近代建築スケッチ巡り
洛中洛外スケッチ図屏風
しじゅう山から
京の路地裏探検隊
回想列車の旅
c0074640_044366.jpg



More

by youknow1957 | 2007-01-01 00:44 | 俳句と歳時記
2006年 12月 31日

閲覧投稿ありがとうございました。

今年も一年閲覧投稿ありがとうございました。皆様の暖かい投稿によりまして今年もブログを続けることができました。来年もさらに面白く有益な話題と内容に勤めて参りたいと思いますので引き続き閲覧投稿のほどお願い申し上げます。総集編として今年一年の旅の主な旅を調べなおしてみました。結構行ってる物ですね。自分でもびっくりです。旅のモチベーションにこのブログの取材も大きく寄与していることは言うまでもありません。来年も今年に引き続き積極的に各地を取材して行きたいとおもいますのでご期待くださいませ。それではよいお年をお迎えください。
1月高知
2月東京
3月千葉
4月山口見島
5月山形飛島
6月富山、金沢、福井
7月岡山、鳥取
8月東京
9月トワイライト札幌、小樽
9月長野、信濃
10月津軽
11月広島
c0074640_22322019.jpg



by youknow1957 | 2006-12-31 00:03 | ちょっと思ったこと
2006年 11月 11日

第一美術関西展

2006/11/13(月)~11/18(土)
10:00am~6:00pm
大阪府立現代美術センター 展示室B
絵画・工芸
今回はF20号の人物2点出品いたしております。
毎回関西展や小品展には人物を描いております。本展にはまだまだ技量不足でだせませんが
少しでも公の場に自分の作品をだして表現したいものや批判をいただき磨いて行きたいと思います。F100号の人物をかくのが当面の目標。それまでもっともっと書き込んでいかなければならない。

c0074640_0124157.jpg



by youknow1957 | 2006-11-11 00:19 | 展覧会の案内
2006年 08月 13日

漢字バトン

漢字バトン

nature-livesさんから漢字バトンを頂きました。
早速、書かせて頂きます。

nature-livesさんから頂いたワタシをイメージする漢字は、以下の通りです。

「正」
正しい道を歩まれているイメージです。
人に対しても正しく導いてく力をお持ちだと思います。


お若いのに聡明なnature-livesさんからこの様に評価して頂いて光栄です。

「正しく導く」とはいかなくても私の次の10年間の人生目標のテーマは「与えられる人」なのです。
今まで生まれて数え切れないたくさんの物や事を人から頂いたことでしょう。
もっとも頂いた分のわずかしか消化し、吸収をして身にはついておりませんが、
次の10年では次の世代、後輩、お世話になった人、社会へほんの少しでも
「与えられる人」になりたいと思っています。そんな気持ちの今日このごろに
「正しく導いてく力をお持ち」のイメージがあるなど言われて大変うれしいです。
さらに精進して何かを「与えられる人」になりたいです。


1. 好きな漢字 

「真」

「真」は事物の正しい姿。でもこれを貫きとうすのはむずかしい。とくに日本の社会では本音と建前があって「真」なんていうだけで堅物のように思われます。でもそんな社会の大勢に流されないものだけが「真」なのでしょう。これが簡単なようで難しい。もっとも価値あるものはそんなに簡単にはできないでしょう。

「善」

「善」と「悪」は常に一対になっている。中間はないのである。善でないものはすべて悪なのか。たとえば「空き缶」を捨てるのは悪であり拾うのは「善」なのか。仮に世の中の構成が3パーセントの捨てる人、0.1パーセントの拾う人で構成されているとすると、残りの大半はなにもしない人なのだ。その分ゴミが増えていく。あと2.9パーセントの人が「善」をおこなえばゴミはなくなる。よってなにもしないのは「悪」なのかもしれない。

「美」

「美」は神が事物の行き着く方向性をしめした形なのだと思います。数学の公式、物理法則、機能的な形、構造はみな美しいのはそのためです。野に咲く花や山河、空、海、それ飛ぶ鳥までもあのように美しいのもしかり、カオスからコスモスへは醜から美への変遷なのです。



2. 前の方(nature-livesさん)が答えた漢字「光」に対してのあなたのイメージは?

「光」
はじめに光ありき。ゲーテが最期に言ったとされる「もっと光を」ひとは誕生とともに光と出会い死をもって光りと決別する。
わたしは絵を描いたり、写真を撮ったりするので結構光にはうるさい方です。色彩の生みの親でもあるわけで彩度、明度、色相をコントロールする光の大切さを痛感します。特に風景画のなかでもライフワークとして取り組み始めた「夕景」は光の織り成す芸術だと思っています。
「夕景」をせめて現物のいくらかでも表現して、なにかを感じてもらえる作品を制作してみたい。


3. 次に回す漢字

 「風」
台風、そよ風、北風、風の便り、などなど、自由に想像して下さい    
    

4. 大切にしたい漢字

   「感」・・・「感心・感激・感嘆・感謝・感動・感受性・感性・感銘そして感無量
          頭で考えるより心で感じてみたい」
          考えることばかりに気をとられ感じることを忘れていませんか
          もうあなたはもう十分考えるいます、でもうまく行かない、楽しくないのは
          感じる心を閉ざしているからです。
          そんなあなたは一度広い海の見える海岸へでも行き、ぼんやり海を眺めてください。
          何も考えないで頭を空っぽにしてみることです。
          仕事のこと、お金のこと、明日のこと、もうそんなことはなにも考えてはいけません。 
          ただ海をみてください。なにか感じるものがあるでしょう?
          感じ取るだけでいいのです、ほらまた考える。
          最近感じる心を使っていませんね、考えるばかりでそれではいけません。
          使わなければ感じ方だって錆付いちゃいますからね。



5. 漢字についてどう思う?


東洋的思考パターンの源はことによると漢字が大きな要因になっているかも。
たった一字にこれほど深い意味が含まれている文字は漢字だけ。
またそれを理解したり、書いたり、日本語変換コードを作るプログラム考えたり、書道、
フォント、それにかな混じり文を作り出した日本語の知恵。大和言葉と漢語のもつ二重性
すばらしい文字だ。

   


6. 最後に好きな四字熟語を3つ

「吾唯足知」・・・ いまの経済社会は貪欲までに己の利益を追求する。周りをすべて倒して己のみが勝つ。
          そしてそれが正義であり、義務である。まあそれがええと思って走っていくのもいいだろう。
          わたしはこのスタイルで行きます。
          


「森羅万象」・・・すべての事物はそれぞれがみな関連し、影響を互いにしながら存在する。
          それらすべての物と現象の秩序ある宇宙はすばらしい。わたしのブログ名前と掲示板名にも使っています。

         
「自由自在」・・・この熟語で思い浮かぶのがヘリコプター。
         ちょっとしたスペースさえあればどこにだって離陸着陸ができ、
          前進後進・ホバリングだってできる。ジェットのように速くはないけれど
         こんな切り口で社会を風に飛び回りたい。


7. バトンを回す7人とその人をイメージする漢字

suzuka_birdさん
「兄」
わたしより歳はお若いのですが面倒見がよく、周りから兄貴のように慕われ
頼もしくてやさしいお兄さんおイメージです。
わたしは山は登れませんがsuzuka_birdさんとならアルプスでもいけそうです。

GG-1さん
「創」
クリエイティブで表現力ある写真とユニークな切り口の文章のブログアップ
がいつも待ちどおしい。オフではお会いしたことがないのですが
機会があればいっしょに路地裏探検をしてみたい。

tabasco-xさん
「粋」
ご自分では初心者とおしゃるデジタルカメラ。その写真の美しさは羨望の的
センスなのか才能なのか、いつも拝見する写真が私の目標になってます。
いつかはtabasco-xさんのような写真を撮りたい。


ranryu.exblog.jpさん
「智」

切り口も方向性もなぜか気が合うranryuさんは知的で博学。
サイトの写真、構成、文章もすごくいい感じでデザイン的センスもばっちり。
写真、絵、俳句、自由詩、野鳥、鉄道とこれだけ趣味が一致する方は
いままで始めてです。びっくりします。


大工のげんさん
「共」
とにかくサイトやブログの充実がすばらしい。いつも各地へ旅に出られたり
取り組みをなされ投稿やトラックバック、コメントをいただくので感謝しております。
たくさんのサイト仲間を結ぶコミュティーの代表者です。


hitohaさん
「聡」
知的で聡明なのに謙虚な京女。でもしっかり自分のポリシーも
持っておられる。これからもいろいろ幅広い分野でのご活躍
楽しみにしております


ふじき わたる さん
「尊」
絵を描く者としてはあこがれの大先輩であり目標でもあります。
そんな方なのにブログやサイトでは楽しくお付き合いいただきまして
ありがとうございます。




バトンを回させて頂きましたが、無理にとは言いませんので
お時間がある時にでも、よろしくお願いします。


c0074640_15562827.jpg



by youknow1957 | 2006-08-13 15:54 | サイトとブログ
2006年 06月 19日

第14回紅雪窯・陶芸教室作品展

あたらしいカテゴリで「陶芸」を追加した。清水焼窯元伏見桃山の紅雪窯にお世話になって数年。面白いのだがなかなか上達はしない。伝統的な形と技に独自の作風を取り入れて作品にしていくのだが、センス・技術・熱心さが必要だ。どうやらわたしにはその3とも残念ながらあまり備わっていないように思う。あとから来られた生徒さんにどんどん追い越されていく。最初のことはちょっと悔しかったが今ではマイペースで楽しむことにした。土と戯れていると無になってリフレシュする。あまり上を目指そうとするとその楽しみが減るような気がするからだ。へたがいい。
と我で慰めることにしよう。それでも自分への激励の為にもブロクにあげて自己啓発にしてみよう。

展覧会の様子
c0074640_0212738.jpg


私のブース
c0074640_022116.jpg


切縁三足ぐい呑
c0074640_0224651.jpg


刷毛目椿柄大鉢
c0074640_025856.jpg


刷毛目椿柄皿、小鉢
c0074640_0284096.jpg


刷毛目椿柄三品
c0074640_026470.jpg


お人形シリーズ2作目
c0074640_0334625.jpg

by youknow1957 | 2006-06-19 00:30 | 陶芸
2006年 05月 20日

第77回第一美術展

第77回第一美術展のご案内
5月21日(日)~5月30日(火)
東京都美術館(上野公園内)
9:00AM~4:30PM

おかげさまで今回は出品いたしました2点とも入選いたしました。
作品名は『八幡坂の夕景』『函館黄昏』ともに油彩F100号
展覧会へは本名で出品しております。

c0074640_2359551.jpg



by youknow1957 | 2006-05-20 00:01 | 展覧会の案内
2006年 01月 18日

御礼

1月12日~1月18日近鉄百貨店上本町店7F開催されました「第10回大阪を描こう展」ご高覧ありがとうございました。今年も例年にましてたくさんの作品がならび、多くの方にごらんいただけました。作品もみな力作ぞろいなので大いに刺激をうけ、来年のむけ更に精進し良い作品制作をとの思いを新たにすることができました。

c0074640_043035.jpg



by youknow1957 | 2006-01-18 00:43 | 展覧会の案内
2006年 01月 07日

第10回大阪を描こう展入選

前回に続き「大阪を描こう展」入選いたしました。大阪の魅力再発見をテーマに170点ほどの作品が展示されますのでお誘いあわせご来場お待ち申しております。
今回は大阪の近代建築をテーマに心斎橋大丸と梅田阪急を出品して大丸の方が入選いたしました。かつて大阪の町で百貨店はその繁栄と活気のシンボルでした。その建物も時代の流れとともに建替え時期が近づき懐かしい風景もやがては過去の歴史となってしまいます。そんな風景を描きとめようと今回の作品にいたしました。


会場 近鉄百貨店上本町店7F
会期 1月12日~1月18日
時間 10:00am~7:00pm

c0074640_10253338.jpg



by youknow1957 | 2006-01-07 10:25 | 展覧会の案内