タグ:富山 ( 14 ) タグの人気記事


2009年 06月 29日

do you kyoto

do you kyoto という言葉を最近時々耳にするのはひょっとて京都だけだろうか。意味ごぞんじ?
1997年12月に京都で開催された「気候変動枠組条約第3回締結国会議(COP3)」で採択された「京都議定書」から来ている。つまり温室効果ガスを減らしていく義務について書かれた議定書にも基づいて行動してる?ということになる。平たく言えば環境にええことしといやすか?
今や京都は国際観光都市という顔と環境に対する代名詞としての顔を持つようになったわけだ。
日々小さカことでも一人一人の行動が大きな力になっていく。
地球に住むすべての人にdo you kyoto を行動していただきたいものだ。

では遊野さんはdo you kyoto
そうやね
アイドリングストップ
街中などへは公共交通機関で行く
エコドライブ
ブックカバーや過剰な包装は断る
まだこんなことしかできてないな

think global act local 
立山室堂
c0074640_2275676.jpg



by youknow1957 | 2009-06-29 22:03 | ちょっと思ったこと
2008年 06月 26日

「国鉄」は今もこんなところで頑張っております

日本国有鉄道、国鉄は1987年3月31日に分割民営化されJR各社になったのはもう21年も前のことになる。随分昔の事になってしまった。実体は消滅しても言葉や記憶やこういうところにその残像を見る事がでいる。そういえばむかし国電の事を省線電車というお年寄りがいた。鉄道省の電車の略が省線電車。そのまえが院電これは鉄道院の電車の略である。鉄道の事を広く一般的に言い表す場合「電車」という事が多い。たとえディーゼルカーでも列車でも「電車」で通じる。昔はそれが「汽車」であった。さすがに今ではそんな事をいう年配の方もいないだろう。そういえば鉄ちゃんは京阪神の東海道本線複々線の外側を「汽車線」内側を「電車線」といっていた。今はなんていっているのだろう。
(五箇山相倉)
c0074640_23504540.jpg



by youknow1957 | 2008-06-26 23:56 | 看板ウォッチング
2008年 06月 22日

施設も世界遺産クラス(五箇山菅沼ごかやますがぬま)

この深山の隠れ里のような風景も今は簡単に快適に訪れることができる私のいった日はまだ全通していなかった東海北陸自動車道の飛騨清見インターチェンジ(IC)から白川郷ICまでの間(延長24.9km)が、7月5日に開通する。そうするとさらに便利になる。さてこの隠れ里押し寄せた車はどうなるのだろう。
c0074640_228558.jpg



答え

by youknow1957 | 2008-06-22 22:16 | ちょっと思ったこと
2008年 06月 21日

ありがたい看板も世界遺産クラス(五箇山相倉ごかやまあいのくら)

世界文化遺産に登録された重伝建の五箇山相倉(ごかやまあいのくら)でであったありがたい看板のおかげさまで撮れた写真です。ありがたやありがたや
c0074640_03591.jpg



そのありがたい看板とは

by youknow1957 | 2008-06-21 00:12 | 看板ウォッチング
2008年 06月 18日

立山砂防軌道

常願寺川の防砂設備建設用の資材や人員輸送の為の工事専用軌道。交通としての鉄道ではない。通常の軽便鉄道の軌間ナローゲージ762mmよりさらに狭い610mmであるが路線距離は18kmにも及ぶ。スイッチバックもたくさん存在する知られざる鉄道。
c0074640_13994.jpg



引込み線

by youknow1957 | 2008-06-18 01:06 | 乗り物
2008年 06月 16日

立山アルペンルート

専用道路。立山アルペンルートの内立山側の美女平から室堂平までのあいだは専用道路で結ばれている。この道路は一般車は通れない。専用バスや団体観光バスなど限られた車のみの通過が許可されている。毎年ルートが開通した時の雪の断面の映像がニュースなどで流れるので一度その雪深さを体験したかった。開通当時に比べると6月ともなると大分解けているのだろうがそれでもこの深さには驚く。
c0074640_23401963.jpg



有名な道路わきの雪

by youknow1957 | 2008-06-16 23:40 | 野鳥と自然
2008年 06月 16日

ダム2題

今回は黒部第四ダムに行くのが目的であったのでその前に御母衣ダムに立ち寄ってきた。御母衣ダムは建設当時もっとも大規模なロックヒルダムとしてまた水底に沈んだ村とその象徴としての荘川桜の物語がとても有名である。一方それ以上いや日本で一番有名なダムの代名詞黒部第四ダム二つのダムを同時に見る事ができた。同じような日本の特徴的なダムなのだが人気の点では圧倒的な差があった。御母衣ダムの観光施設には一台の車もなく閑散とした雰囲気の中であったのに対して黒部第四ダムはケーブル駅から吐き出される観光客であふれていた。しかしたくさんの観光客を観察しているとダムそのものに関心のある人は一部であって、大半の人々は観光としての最終地点としての場所であるのに過ぎない感じであった。彼らにとってはそれがダムであっても、社寺仏閣・景勝地であってもさほど変わることが無いのだろう。なぜなら黒部第四ダムは著名観光地であって御母衣ダムはそうではない。その違いがあるだけなのだ。
あら遊野さんこんどはダムですか。
ええっダムにははまりません。
そうかしらね?
ダムだけに深くて二度と浮き上がれませんのでね。

御母衣ダム
c0074640_0523118.jpg


黒部第四ダム
c0074640_0532540.jpg



by youknow1957 | 2008-06-16 00:53 | ちょっと思ったこと
2008年 06月 14日

立山のライチョウ

高山植物が高い山でしか見られないように野鳥にも高山の鳥がいる。ライチョウ、イワヒバリ、ホシガラズがそれらにあたる。いちど見ておきたいという気持ちで立山アルペンコースに乗る。立山ケーブル高原バスを乗りついて到着したのが室堂平。辺りはまだ一面の残雪原。今回見逃すと次はいつになるか判らない。なんとしてもライチョウに遇いたい。自然保護センターでポイントを教わり出かけるが雪原で方向を間違え山荘へに到着。そこでまた場所を訪ねてやっとポイントに到着。観光客が訪れるような場所とはいえ雪山の方向感覚の怖さをしった。ここまで来る人たちはけっこう重装備である。手軽な服装にデジスコを担いでくるおっさんにさぞや山荘のお兄さんはびっくりしたであろう。、まあこの際カッコはいってられないとにかくライチョウとであわなければならない。見つけさえすれば人なれした鳥なので撮影は簡単だろう。ポイントをあるくが見当たらない。今回はあきらめようかと思ったとき観光客の女性二人ほどが携帯カメラをなにやら向けているその先をみると、いた!ライチョウだ。まったく人に動じない。ほんの目の前まで平気でやって来る。公園のハト状態で観光客も撮影している。ううんデシスコは必要なかった。まあ折角重い目をして持ってきたデジスコで目一杯下がって撮ったライチョウ。
c0074640_21951.jpg



メスもいたよ

by youknow1957 | 2008-06-14 21:08 | 野鳥と自然
2006年 08月 20日

富山・高岡・金沢

「京都近代建築スケッチ巡り」更新いたしました、よろしくご覧ください。
各地編
富山大和         戦前から生き残る地元の百貨店   
富山銀行高岡支店   辰野金吾の現役銀行
石川近代文学館    近代建築黎明期日本人建築家による名建築


富山銀行高岡支店

c0074640_11352361.jpg



by youknow1957 | 2006-08-20 11:40 | サイトとブログ
2006年 07月 31日

富山・金沢町並素描

富山・金沢の町並スケッチ7枚アップいたしました。

洛中洛外スケッチ図屏風

c0074640_091953.jpg



by youknow1957 | 2006-07-31 00:09 | サイトとブログ