西山遊野の森羅万象ブログ

youknow.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:北海道 ( 33 ) タグの人気記事


2009年 04月 03日

北帰行 さらば北海道

さて楽しかった道東探鳥旅行も帰路の旅に就くことになった。その途中の斜里国道で見かけたヒシクイたち。彼らはこれからさらに北へ進路をとり樺太か千島を経てシベリアのツンドラ地帯へ帰るのだろう、しばしの休息のあと、まだまだ遠い北帰行が待っている。さあ我々も彼らに負けないように家路を急ごうさらば北海道。そしてまたいつの日かこの大地であおう。
c0074640_054483.jpg



またいつか会おう北の大地

by youknow1957 | 2009-04-03 23:02 | 野鳥と自然
2009年 04月 02日

知床の自然と動物

今回の道東探鳥会のきっかけは、去年12月に出品した野鳥写真展(鳥とともに人とともに)代表津村京子さんで知り合った知床ネイチャーガイド藤川友敬さんのガイドしてもらおうということからだ。同じく出品者でブログ仲間のsuzuka_birdさんの計画で今回の探鳥会が実現した。藤川さんのいる知床自然センターではエコツーリズムの実践を推進している。世界自然遺産に登録された自然豊かな知床でさえ人為的な環境の影響をうけたエゾジカの増加に直面してそうだ。流氷のないオホーツクも、この季節の雨の知床も温暖化の影響かとさえ思えてくる。どんなに美しい風景も地球という小さな惑星の中の一風景なのである。藤川さんに知床の動物や自然を案内してもらい、美しい自然やたくさんの動物たちをみながら思うのは地球のことであった。庶民感覚でこれほど地球全体の危機を感じるような時代はかつてなかったであろう。そしてその未来の地球の運命を決めるのは、まさに今を生きる我々が握っていることを自覚しなくてはならない事を、この知床の自然が語っているようであった。
c0074640_2394827.jpg


c0074640_23102533.jpg


c0074640_23105490.jpg


c0074640_23113110.jpg


c0074640_23115989.jpg


c0074640_23123617.jpg



by youknow1957 | 2009-04-02 23:14 | 野鳥と自然
2009年 04月 01日

羅臼の海で出会った鳥たち

シノリガモ以外にもいろんな鳥に出会いました。そのいくつかを紹介。シノリガモの一緒に泳いでいたのはこのスズガモ。この鳥も日頃ははるか沖を大群をなして浮かんでいるイメージが高くこんなに近くで見るのは珍しい。
c0074640_23261229.jpg



その他の鳥たち

by youknow1957 | 2009-04-01 23:28 | 野鳥と自然
2009年 03月 31日

シノリガモ

北海道など北の海でみられるカモでシノリガモとコオリガモがが今回のひそかな目当てであった。この鮮やかな色と配色は唯一のものだろう。あいにくの雨の羅臼での成果。悪天候でのスローシャッタで波に上下するカモの写真は大半がブレブレの失敗写真の山であった。わずかになんとか見られるそのほんの一部。
c0074640_025498.jpg



だいぶレタッチしました

by youknow1957 | 2009-03-31 23:28 | 野鳥と自然
2009年 03月 30日

早春の雨降る羅臼

野付半島をあとにしてその日の宿の羅臼へ向かう。翌日は雪ではなく雨になった、道東でこの季節といえど雨とはさすがに旅人といえど驚きである。すでに天気予報で雨になるということは判ってはいたが残念である。午前中は羅臼の港で海鳥をねらい、昼からいよいよ知床に向かうことにした。羅臼と知床ウトロはちょうど知床半島の中央を貫く山脈をはさんで反対側になり直線距離ならわずか20キロメートルほどで夏場は知床峠を超える峠道国道334号線(知床横断道路)があるのだが冬季道路閉鎖になっており、延々標津から野付国道を利用して斜里経由で100キロメートルほど飛ばしてウトロ入りをすることになる。この日は雨のついての探鳥の旅になった。
c0074640_0323875.jpg



雨の中ひたすらウトロへ向かう

by youknow1957 | 2009-03-30 23:25 | 野鳥と自然
2009年 03月 29日

オオワシ対オジロワシ

今回の探鳥で一番の主役はやはりオオワシとオジロワシだった。道東ではシーズンともなればオオワシとオジロワシともたくさんの個体が樺太・千島あたりから南下してあちこちで見ることができる。地元の人たちにとっては当たり前の鳥であり、それこそトビよりもはるかに多く見ることができた。シーズンの関係で今回はオジロワシのほうがたくさん見ることができた。
オジロワシ
c0074640_0104430.jpg



アップでどうぞ

by youknow1957 | 2009-03-29 23:17 | 野鳥と自然
2009年 03月 28日

クロガモ

「日本のはるか沖合オホーツク海上」といえば気象用語の定型句のパターンで大袈裟ではあるがそう言いたくなるような彼方にいたクロガモ。デジスコでもこれぐらいが目いっぱいの遠さ。まあ小さなカモのこと、実際にはそんなに遠くないのだが、荒波の海上をプカプカ浮いてる様は何とはなしに哀愁ただようカモである。黄色いくちばしの模様がいとおかし。北海道や北陸地方の冬鳥として渡来して沖合、沿岸などで見られる。
ちなみにこのとき付近にはビロードキンクロやアラナミキンクロなどもいたらしい。
c0074640_23412758.jpg



おおい~もっとこっちへおいで

by youknow1957 | 2009-03-28 23:44 | 野鳥と自然
2009年 03月 27日

コミミズク

いるらしいと聞いていた。夕方ころに運がよければ見れるかも。そのぐらいの気持ちでまっていると、出た!
しかも寒いので車で籠っていると仲間の二人さんから呼ばれて撮れた(笑)。したがって杭に止まっているシーンは撮れなかった。それでもよかったやん遊野はん一人やったらボウスでっせ、お二人に感謝せなあきまへんで。
c0074640_0221814.jpg



コミミズクの顔わかるかな?

by youknow1957 | 2009-03-27 23:16 | 野鳥と自然
2009年 03月 26日

野付碕灯台

先日からはじめた灯台シリーズも数件たまった。そしてここでもその灯台をみることができたのでパチリ
一回シリーズを始めると行くところで出会う風景もまた楽しみが増える。
c0074640_163922.jpg



by youknow1957 | 2009-03-26 23:04 | 近代化産業遺産
2009年 03月 25日

野付半島

半島には独特の魅力がある。先へ先へその先へ、一番先まで行ってみたくなる。そこには荒涼たる荒野のがひろがり、そして迫りくる波と風と海の音だけが辺りを支配する。野付半島は日本最大の砂州である。
c0074640_23274841.jpg



国後島

by youknow1957 | 2009-03-25 23:33 | 野鳥と自然