西山遊野の森羅万象ブログ

youknow.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2009年 07月 31日

親不知

沖遙か山迫りたる夏の家
c0074640_0365668.jpg



by youknow1957 | 2009-07-31 23:34 | 俳句と歳時記
2009年 07月 30日

糸魚川市

新潟県の最西端にある町で雪国らしく雁木の軒が見事な町並みがある。町並みの雰囲気は関西ぽいところがある。関西にはまだ富山、石川、福井を経てようやく滋賀にだどりつく。まだまだはるか先なのだが何となく長浜の近くのような雰囲気さえだたよわせる。この付近を日本列島を自然地理的に分断するフォッサマグナ(糸魚川静岡構造線)が通過する。JRは西日本管轄だし、高速道路も北陸自動車道である。はやり自然地理、人文地理的にも西日本と東日本の境界線の町なのである。
c0074640_21392765.jpg



by youknow1957 | 2009-07-30 21:39 | 町並み
2009年 07月 29日

北陸自動車道 名立橋

北陸自動車道 名立橋
PC4径間連続ラーメン箱桁橋
高速道路橋でも谷や山から山への渡し部分として最もよく採用されているのがPCラーメン橋であろう。橋についてあまり知らない頃なぜこの形式が採用されるのか不思議であった。高い橋脚(ハイピア)は高い建設費が掛かるだろうに、それならいっそアーチかトラス橋の方がむしろコストや技術的には容易なのではないだろうか?ところがその後橋の架け方の事を知るとまったく逆が正解だった。このPCラーメン橋構造の橋を橋脚上部にワーゲンと呼ばれる移動作業車を設置しやじろべいのように左右にバランスをとりながら徐々に両側に延ばして行く工法が最も合理的で経済的なのである。川底部分は工事を進める重機などを入れる現場も作りやすいこともポイントだろう。それに比べて圧倒的に足場の悪い山の中腹部に大層しっかりした橋台を作ることは膨大なコストと技術的な困難も予想される。それをもってしても山間部のアーチ橋やトラス橋を選ばなくてはならない地形は川底に橋脚を立てることが困難な地形ということになる。
c0074640_23201679.jpg



by youknow1957 | 2009-07-29 23:20 |
2009年 07月 28日

筒石のラーメン橋

典型的な鋼製方杖ラーメン橋である。桁と橋脚・橋台が剛結構造で完結しているので中規模な谷合には比較的適した構造である。最近では高速道路上をまたぐ高架橋などにも多用される。またその高速道路自体も谷などに作られる場合PCラーメン構造で作られる事例が多い。容は多様性があるか一体構造で桁と橋脚・橋台に支承が使われていないのがポイント。
c0074640_22454331.jpg



by youknow1957 | 2009-07-28 22:46 |
2009年 07月 27日

糸魚川の筒石の三階村落

筒石の三階村落にはびっくりでした。集落の建物のかなりの件数が三階建てになっている。いろんな町並みを訪問したがこれほど木造三階建て率の高いところは珍しい。
さてここで問題なぜ糸魚川の筒石にはたくさんの三階建がならんでいるのか
1 三階建ての得意な大工さんがいた
2 良好な漁場をもつ港だが土地が狭くたくさんの漁民が住み着くため
3 すこでも早く漁場の様子をうかがいいち早く獲物を確保するために競った
4 見栄はりが多かった隣には負けたくない。二階建てでは恥ずかしく嫁の来手もなかった
c0074640_057102.jpg



by youknow1957 | 2009-07-27 23:57 | 四択問題
2009年 07月 26日

謙信公大橋

単弦ローゼ橋 × 2径間
日本の橋名や道路名に人物名が使われるのは大変まれである。上越市関川に架かるこの橋は地元の春日山に居城した上杉謙信にあやかって命名された。それだけても珍しい橋であるが、架設工法も大変珍しい方法で架けられた橋でもある。架設現場には高圧電線が既に通っておりクレーンによる現場作業が困難だった為、隣地で先に組み立てられアーチ部分を自走多軸台車でゆっくり現場まで運ばれた。
ドーリー一括輸送架設
c0074640_22444426.jpg



by youknow1957 | 2009-07-26 22:38 |
2009年 07月 25日

花器二題と陶引出

甲信越旅行の途中一服タイムで陶芸作品の紹介
花器二題は小さな一輪ざしおなじ技法で丸型と角型を作ってみた。
薄釉薬荒文様角花器
c0074640_222119100.jpg


薄釉薬荒文様丸花器
c0074640_2222033.jpg



今回の目玉作品

by youknow1957 | 2009-07-25 22:25 | 陶芸
2009年 07月 24日

直江津

直江津の町も同じ上越の高田ほどではないのだが雁木が通っている。駅前のこの通りには歩道も別に設置されている。想像だが屋根からおろした雪と車道の除雪の余りがこの歩道に溜まるのではないだろうか。そうするとたちまちこの雁木で守られた空間が人々の歩く道となる。この写真ののように二階が部分の下が雁木の空間になっているのを「造り込み式」という。これをみれば私有地であることが一目瞭然。また雁木の舗装は家々によって異なり、隣地との境は段があったり幅が違ったりして意外と歩きにくい。それでも他人さまの土地を歩いているわけで文句をいってはいけない。あくまでも好意によって通していただいているわけだ。
c0074640_21555898.jpg



by youknow1957 | 2009-07-24 21:53 | 町並み
2009年 07月 23日

高田

高田の街並みは雪国として有名でその象徴が雁木である。雁木とは原則として所有者の私有地を雪深い冬の通り道として提供して、その連続した一連がアーケード状の通路なった状態である。すでにいくつかの街並みでこの形状のものはいくつか見たがこれほど大規模なものは初めて見た。できるなら雪深い冬に見ると一層その機能と仕組みが身をもって理解することができるであろう。
c0074640_23334589.jpg



おや?これは知らなかった

by youknow1957 | 2009-07-23 23:37 | 町並み
2009年 07月 22日

心は自由に宙を跳んでいるかい

志賀高原の風景を詩にしてみました。




by youknow1957 | 2009-07-22 22:42 |