<   2009年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2009年 02月 28日

尻屋岬灯台(青森)

1876年
東北最初の灯台

ここは古くからある灯台というだけではなく、周りの風景もアクセスも果てまでやってきたとういう何とも言えない辺境の地の思いを掻き立てるものがある。地形的にも下北半島の東の果ての北端。はるばるやって来たその先の埼である。周りには季節ともなれば寒立馬が放牧される。
c0074640_02824.jpg



by youknow1957 | 2009-02-28 00:28 | 近代化産業遺産
2009年 02月 27日

室戸岬灯台

1899年(明治32年)
こちらも歴史はまけていない。大変古い重要な灯台である。
名前も有名な灯台ではあるがこちらはもともと小高い岬の頂上にあるので灯台自身の高さは
ほとんどない。地上からいきなり灯台のランプ部分があるような灯台である。
カッコやイメージから言うとやっぱり高い煙突のような塔の部分があるほうが絵にはなるかもしれない。
c0074640_0422872.jpg



by youknow1957 | 2009-02-27 00:42 | 近代化産業遺産
2009年 02月 26日

出雲日御碕灯台

日本一の高さを誇る燈台で1903年(明治36)と歴史的にもかなり古い。また周辺は大山隠岐国立公園の一部であり、風光明媚な風景とクラシックな石造りの白いこの灯台とよくマッチしている。またアクセスするまでほどよい道と広い駐車場も完備され観光客の足も絶えない。そのため駐車場にはたくさんの土産物屋が立ち並び観光地としての条件も備えている。
c0074640_0403277.jpg



by youknow1957 | 2009-02-26 00:41 | 近代化産業遺産
2009年 02月 24日

鷺浦

日本海に面したこの漁村鷺浦の特徴はこの写真に写っている風除け。海岸に向いた壁側につけられている。
かつてはもっとあったのだろうか?今はわずかに数軒だけになっている。そして今もなお海岸側の壁には窓もほとんどない。奥の通りはせまいながらも、かつて北前船が帰港した港町らしく立派な造りの大きな屋敷や蔵なども残っている。
c0074640_0322512.jpg



by youknow1957 | 2009-02-24 23:24 | 町並み
2009年 02月 23日

2009第一美術関西サムホール展

会場 ギャラリーf
     京都市中京区寺町三条下ル
     075-221-2340
会期 2月24日(火)~3月1日(日)
    11:00am~6:00pm 最終日 5:00pm
f0154743_21322017.jpg



by youknow1957 | 2009-02-23 19:04 | 展覧会の案内
2009年 02月 21日

広瀬町

広瀬は安来から少し山手にはいった月山富田城の城下町であった。今もその名残が町全体に残るというより新しいビルや新建材のプレハブなどはあまり目立たない。飯梨川から流れる用水がところどころ見受けられ流れの早い川面が印象的だ。観光や鑑賞でたくさんの人が訪れる足立美術館もこの近くである。この街はNHKの大河ドラマ「毛利元就」が放映されているころはかなりにぎわいをみせていたようだが、今では静かな城下町の姿に戻ってた。
c0074640_054244.jpg



by youknow1957 | 2009-02-21 23:52 | 町並み
2009年 02月 20日

鉄と非鉄金属(安来)

道を歩いていて渡り始めた踏み切り途中で警報が鳴り始めてあわてて渡りきるのが非鉄金属
鳴り始めてあわてて戻るのが鉄
c0074640_0585154.jpg



ではその鉄の目線でスナップショット

by youknow1957 | 2009-02-20 23:27 | ちょっと思ったこと
2009年 02月 19日

許すな密航

許すな密航。こういうポスターなどはいかにも日本海側の港町。あまり瀬戸内海や熊野灘付近ではお目にかかかれそうに無い。それにしても他府県ナンバーというだけで密航関係者と思われたらちょっとつらいなあ。このポスターを見かけた鷺浦は釣りや町並みでは割と知られたところなので比較的他府県ナンバーなど見慣れない車や人の出入りが多いと思われるので、いきなり通報などをされる事はないだろう。それでも殆ど知られない町並みを探索してると不審人物に思われたことも何度かはある。一度は「どちらへいかれますか」あるいは「こちらへは何んの御用で?」などなどの声をかけられた事もある。ジロジロ不審な目で見られることもある。そういう時はむしろ声をかけられるほうがありがたい!「怪しい人物にみえます?わたし町並みに興味があって各地を廻っています。ここの町並みはいいですね」「ああそうでしたか。殆ど見かけない人がくることはないのでね」そういう声をかける人は大抵町内の役をしていたり、代表の方だったりする。おそらく町内のだれかが不審人物を見かけましたと声がかけられて出動ということだろう。
c0074640_0124525.jpg



by youknow1957 | 2009-02-19 23:30 | 看板ウォッチング
2009年 02月 18日

除いたり、限ったり

ややこしい。でもようは駐車してもいいのね。
島根鷺浦
c0074640_05253.jpg



by youknow1957 | 2009-02-18 23:34 | 看板ウォッチング
2009年 02月 17日

JR大社駅(廃駅)

設計 曽田甚蔵
    1924年
国の重要文化財

大社線廃線により1990年4月1日に廃止となった大社駅。純和風でもちろん出雲大社をモチーフとして作られた。中高年の京都人なら旧二条駅を思い出さずにはいられない姿。廃駅になってなお大社では多くの観光客が訪れるスポットになっている。かりに大社線が存続していたとしてもその多くの観光客は車で訪れている。元々大社線は出雲大社参宮のための路線であり多くの参拝者を運んだであろうが、そのわりには出雲大社門前と駅間の距離が歩くにはかなり遠い。やはり沿線にとっては鉄道は嫌悪施設であり、便宜性とのジレンマを抱える中でのぎりぎりの距離だったのであろう。両側の入母屋と中心部分の千鳥破風のバランスが絶妙。
c0074640_0343533.jpg



乗る事が出来ない駅舎に佇む

by youknow1957 | 2009-02-17 23:40 | 駅と駅前