<   2008年 12月 ( 27 )   > この月の画像一覧


2008年 12月 31日

よいお年をお迎えください

今年一年のブログで取り上げた主な出来事
1月 沖縄
2月 徳島・高知
3月 第2回路地裏探検
4月 新潟粟島
5月 隠岐・第6回個展
6月 立山・高山・白川郷・第3回路地裏探検
7月 飛鳥Ⅱクルーズ
9月 日生・第7回個展
10月 息子結婚ベトナム・第4回路地裏探検
12月 第5回路地裏探検・東京路地裏探検

気が付けばもう大晦日
ブログで取り上げた
主な出来事を振り返るだけでも
今年もいろいろありました。
たくさんのコメントいただきありがとう
ございました。
よいお年をお迎えください
また来年もよろしくお付き合い願います。
c0074640_1161475.jpg



by youknow1957 | 2008-12-31 11:06 | サイトとブログ
2008年 12月 30日

北梅田

北梅田地区は2011年の完成に向けて大阪駅新北ビル・梅田阪急ビル・アクティー大阪増築と大型プロジェクトが進行中である。またそれと前後して中之島では中之島ダイビル・朝日新聞社グランドビルのツインビル計画も進行中。その頃には梅田中之島地区は日本一の高層ビル群が完成することになるだろう。
c0074640_2254738.jpg



梅田スカイビルからの眺め

by youknow1957 | 2008-12-30 22:09 | 都会の造形
2008年 12月 29日

処方せん受付

処方せん       受付
土地付き一戸建て 分譲
国有財産       売却
中古CD        セル
バーゲン品      セール
中古民家       売家
新譜CD        リリース
商店街         大売出し
ペット          お譲り
麻薬          売り付け
日用品         販売
企業TOB       譲渡
作品          お分けする
バザー        売りに出す
不用品ネット    ヤフオク

当事者の一方がある財産権を相手方に移転することをいうのであるがその対象が変わることによっていいかたもずいぶん変わる。
それにしても処方せん受付でよかった。一瞬処方受付せんだと思った。だったらたいへん。
c0074640_2319365.jpg



by youknow1957 | 2008-12-29 23:19 | 言葉
2008年 12月 27日

こども110番の家

こども110番の家・・・・物騒な世の中なのであれば安心
おとな110番の家・・・・ちょっと考えていざという時は入るかも 
おとな(女性限定)110番の家・・・・これは怪しいかも
c0074640_2112325.jpg



by youknow1957 | 2008-12-27 21:12 | 看板ウォッチング
2008年 12月 26日

第5回看板ウォッチングと町並みウォーキング 6

東寺の終弘法にはぎりぎり4時には間に合った。すでに仕舞いかけの屋台もあったがまだまだ賑わいを見せていた。終弘法さんは京都の冬の歳時記でもありたいそう人で賑わっている。探検隊のメンバーも屋台をひやかしたり、買い物をしたりして雰囲気を味わう。
c0074640_22521100.jpg



そして島原へ

by youknow1957 | 2008-12-26 22:59 | 路地裏探検
2008年 12月 25日

第5回看板ウォッチングと町並みウォーキング 5

六条通を後にして向う東寺まではまだ時間がかかりそう。弘法さんは4時に屋台が終わるそうなので道順を変更して先に東寺へ行く事に急遽変更。あまり縛られないのが路地裏探検の好いところ。つまり無計画。よって変更もけっこうある。最初みつけたのがこれ京都独特の仁丹の道路看板なんですがこれ注目戦前の琺瑯看板のが「西中筋通正面通上ル」で戦後で現代のものが「堀川通正面上る」になっている。つまり西中筋通が堀川通り替わっているのだ。通りの名前が変わったのではない。たぶん戦時中に堀川通りが広げられて西中筋通を飲み込んでしまって元西中筋通のあったこの場所がいまでは堀川通の歩道になっているのだろう。その証拠として西本願寺さんの大きな門が歩道と車道の間の位置に立っている。つまりは元の西中筋通の部分が旧西中筋通だったのだろう。
c0074640_2232226.jpg



東寺までもうすこしだ

by youknow1957 | 2008-12-25 22:32 | 路地裏探検
2008年 12月 24日

第5回看板ウォッチングと町並みウォーキング 4

六条通を西へ。京の通りの数字の付く通りのなかで六条通は一番地味で目立たない存在かもしれない。車で通れる部分がすくなく貫通していないことも原因かも知れない。地名としても六条は殆ど表舞台に出てこない。日頃あまり通らないこの通りは路地裏探検にぴったりだ。
その中でも有名なものは長講堂。後白河法皇が六条御所内建立したのがその起こりだ。ほらこのとおりちゃんと「六」の文字と「菊の御紋」がは入っとります。
c0074640_22164781.jpg



ではここから六条通りを観て行こう

by youknow1957 | 2008-12-24 22:16 | 路地裏探検
2008年 12月 23日

第5回看板ウォッチングと町並みウォーキング 3

五条通には木屋町通りの横断歩道が付いていないので一旦河原町まででてまた木屋町をさらに南下する。すると一番に目に入ってくるのは立派なエノキ。源融河原院址の屋敷の杜の一部だったらしい。これがその頃からずっど代替わりしてないとすると樹齢1000年ぐらいはたっているのだろうか。平安の昔から京都の町の様子をずっと眺めて来たことになる。木は生きているのだ。そっと手を添えておでこをあててみるとなんだか暖かいのであった。
c0074640_23115617.jpg



まだまだあるぞ面白い発見

by youknow1957 | 2008-12-23 23:21 | 路地裏探検
2008年 12月 22日

第5回看板ウォッチングと町並みウォーキング 2

木屋町通りも仏光寺通りを南に進むと雰囲気が変わってくる。四条仏光寺間の小さなお店にかわりこのあたりは大型料理旅館が多い。最初に出てくるのがこの中華料理大傳月軒。この大傳ビルは結構古い昭和初期ごろの近代建築と思われるスクラッチタイルと各層につけられた小さな軒が特徴的な建物である。
c0074640_0343069.jpg



お隣は

by youknow1957 | 2008-12-22 23:45 | 路地裏探検
2008年 12月 21日

第5回看板ウォッチングと町並みウォーキング

今回は冬至に東寺まで歩く当事者達のスナップ写真からご案内。
c0074640_22512278.jpg



南座から団栗橋を渡って木屋町を下ル

by youknow1957 | 2008-12-21 23:04 | 路地裏探検