西山遊野の森羅万象ブログ

youknow.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2008年 10月 31日

桂川駅

今年10月18日に新しく開業したJR京都線の桂川駅。昨日の古参神戸駅から比べると137年の後に出来た駅になる。一世紀以上の時代を経て出来たわけだ。新しい駅らしく設備やデザインもすべて最新の意匠とシステムが導入され気持ちが好い。バス路線も一部変更になり京都洛西地区の新しい交通経路が出来上がった。私もこれからJRならこの駅を利用する事になり期待も大きい。この駅は元々麒麟麦酒京都工場のあった跡地利用の一環として建設され、この駅の南西側には巨大な更地がある。いずれ整備がされて大型商業施設や住宅街などの都市基盤が計画されている。
c0074640_0291572.jpg



More

by youknow1957 | 2008-10-31 00:32 | 駅と駅前
2008年 10月 30日

神戸駅

三宮駅、元町駅に比べるとやや地味な神戸駅。大抵日本各地の駅ではその都市名の冠された駅が一番の中心駅である場合が多いのだが神戸の場合はどうやら違うようだ。新幹線駅もなく、特急停車も「はまかぜ」のみ。おそらく東海道線の終点で山陽本線の起点という。出発駅という位置づけがこの名称になったのであろう。名誉ある駅のわりには現在では関西圏のアーバンネットワークの単なる中間駅の一つに過ぎない。むしろ先日アップした姫路駅の方が新幹線や播但線、姫新線、山陽電鉄、神姫バスなどのバスターミナルなどを包括する大ターミナルの雰囲気はある。そんな名前の割りに目立たない駅ではあるが唯一この立派でクラッシックな駅舎がかつての栄光を示しているように思う。
c0074640_0204342.jpg



室内空間もどうぞご覧ください

by youknow1957 | 2008-10-30 00:20 | 駅と駅前
2008年 10月 28日

姫路駅前の近代建築

まずは駅前。現在大規模な駅構内の高架工事もほぼ出来上がった状態になり在来線が全体に新幹線に沿うような形で再開発された。これに伴い広大な駅前に土地が出現した事になる。さてこのあと駅舎本体の姫路駅の新駅ビル計画がどのようになるのか。現駅舎は取り壊ししになるのだろう。
c0074640_23433115.jpg



そのほかのビルは

by youknow1957 | 2008-10-28 23:47 | 駅と駅前
2008年 10月 28日

姫路市立美術館

姫路城の公園内にある姫路市立美術館は旧帝国陸軍姫路第十師団の建物を再利用したレンガ造りの美術館である。周りの緑と赤レンガの組み合わせはとても美しく、広々としたエントランスの西洋庭園も素晴しい。これだけの外観と空間をもつ美術館は他にはあまり見たことがない。
c0074640_0351558.jpg



展示は

by youknow1957 | 2008-10-28 00:46 | 美術館
2008年 10月 27日

中華海鮮

バイチャイのメインストリートにあった中華海鮮のお店。まずは店の前に生きたままの食材がならんでいる。それを品定めしてから店にオーダーをすると料理になってでてくる。中華といってもベトナム風なので誠にあっさりしている。殆どあっさりと塩味だけで仕上げられいてそれに魚醤(ぎょしょう)のようなものをつけて食べる。
c0074640_23503318.jpg



仕上がり

by youknow1957 | 2008-10-27 00:07 | 街で見つけたこんな物
2008年 10月 25日

街の構築物の精度

日本が特別なのかどうか判らないが驚いたもう一つは街の構築物の作りの雑さにはびっくりした。電柱にはう電線はご覧通り。とにかく通せばいい、後はからまろうが醜くても関係ないという感じ。たしかに日本の屋外電柱と電線はけして綺麗とはいえないまでも、そこにはしっかりした工作物に対するきっちりした仕上げと整理がなされていてそれなりの美学を感じさせるものがあるが、これはちょっとすごい。多少の違いはあれど町全体がこんな感じだった。路面のコンクリートやアスファルトの造りも悪く、そこら中に穴ぼこが開いていた。足元を見ないで歩くと確実に溝にはまる。
c0074640_23182870.jpg


こちらは新しい区画整理された地域の交差点の一角。まだ更地にはいたるところに湿地や沼のような水が溜まっており、夕方や早朝にはポンプアップして排水をしているようなのだが排水は道路に流したままになっている。このあたりの感覚もまだ荒削りな感じがする。
c0074640_2321966.jpg



by youknow1957 | 2008-10-25 23:34 | 街で見つけたこんな物
2008年 10月 24日

ベトナム交通事情

ベトナムで一番怖かったのが交通マナー。とにかくすごい。右側通行がとにかく決まっているぐらいであとはお好きなように。まあそんなことは無いとは思うが殆ど好き勝手に走っている感じだった。
●とにかくクラクション。追い越し、通過、横切り、早朝から深夜までいたるところでクラクションをならす。たぶん日本の感覚のクラクションではないのだろう。「車が来てまっせあぶのおすえ」
「こんにちわ」ぐらいの挨拶かもしれない。ならされてもならしてもともに平気なんだろう。

●細路から本通に入る車やバイクも殆ど止まらず進入する。それで本線の車がクラクション

●バイクが大通りから細路に左折する際もかなり早めにはいり反対車線を逆送するので
どちら方向からバイクが飛んでくるか解らない油断大敵

●センター分離帯がある高架道路でも平気で逆走してくるバイクの数は計りきれず。なかには大型トラックも逆走してきた。

●追い越しは二重三重もあり。センターラインの反対車線は時によっては追い越し車線でもある。

●バスも平気で追い越しをする。

●追い越しをかける時はクラクションを鳴らす。反対車線からも戻れず逆走する車と正規走行する車のパワーバランスかほぼ同等の権利

●信号機や横断歩道は殆ど無いので歩行者はバイクと車間を縫いながら悠然と横断する。

●バイクはヘルメットをかぶらない。2人乗り3人乗り4人乗りは普通。
さすがに5人乗りはみなかった。

c0074640_0295567.jpg


c0074640_0301993.jpg


c0074640_0303568.jpg


c0074640_0305027.jpg


本文と写真とは関係がありません。



by youknow1957 | 2008-10-24 00:32 | 街で見つけたこんな物
2008年 10月 23日

披露宴

結婚式とくれば後は披露宴。自宅の近くにあるホテルであった披露宴にはたくさんの人たちが招待された。それでも披露宴は日本のようにイベント性やエンターテイメントはなく、あくまでも新郎新婦を囲んでいっしょり食事をする会のような感じだった。代表の挨拶と新郎新婦のケーキカットのみ。来れたお客さんの服装も礼服あり、普段着ありみんな好きな格好で来ている感じだった。あっさりとして素朴な感じだ。
これで息子の結婚の報告は終わりますがベトナムの話題はもう少し続きます。
なお息子本人による台湾留学ブログには二人の出会いやその他留学生活の報告が書かれていますのでお閑なときにでも覗いてください。二人の2ショット写真がトップページにでてます
c0074640_0241924.jpg



もう少し詳しく

by youknow1957 | 2008-10-23 00:48 | イベント・公演・ライブ・サロン
2008年 10月 22日

結婚式

結婚式という最も晴れやかでその国のしきたりがわかる儀式に参加いや開催者として済ますことができた。とは言っても先方にすべてお任せして親としては大変楽な結婚式だった。
本人達はこれからまだ国を越えての結婚の手続きが大変だ。なにしろベトナムは主義の国なのでいろいろと難問がまっている。こちらから観光などで行くとそんな感じはしませんが向うのくにから海外に出る事は大変ことだ。まして結婚となればなかなかハードルが高い。
日本では嫁が来るという形式になりますがベトナムでは婿がやって来るという形になりシクロで婿側が新婦のお家へ行ってそこで結婚式が執り行われる。式といっても神主さんや神父さんが居るような宗教色の多い形式がかったものではなく親族や友人やご近所みんなで祝福をしてご先祖さまにご報告するという感じだった。
c0074640_2230425.jpg



こんな感じで進行した

by youknow1957 | 2008-10-22 00:03 | イベント・公演・ライブ・サロン
2008年 10月 21日

バイチャイの朝市

バイチャイの庶民の台所は朝市だ。庶民の市場はその国の生活の一面を見る興味深い現場だろう。観光客は行かない知られざるベトナムの朝市、本邦ブログ初潜入レポート(うそ)
ここらあたりは市の一番端っこだ。では潜入!
c0074640_0453663.jpg



そして見たものは

by youknow1957 | 2008-10-21 00:52 | 街で見つけたこんな物