<   2008年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧


2008年 01月 31日

リゾートホテル

全日空ホテルズラグナガーデンホテルは那覇市に一番近い都市型リゾートホテルで沖縄コンベンションセンターに隣接している。室内プール、センターにあるラウンジがまるで熱帯植物の生い茂る温室のように甘い香りがするような雰囲気だった。島時間がのんびり流れもう今ここにいるのが一番幸せ~ていう気分になってしまう。普段はせかせか計画消化方のバタバタ旅行だがちょっと早めのチェックインと遅めのアウトでホテル内を遊ぶのが一番。さすがに冬だったので天気と海の色がちょっと残念。
c0074640_07748.jpg



別の風景

by youknow1957 | 2008-01-31 23:57 | 旅と季節の話題
2008年 01月 30日

沖縄の植物

沖縄の自然で忘れてはいけないものが植物の特異性である。亜熱帯地帯に属する気候は植生においても他府県とも著しい違いが旅人には楽しい。そんな違いを楽しみながらところどころでスナップした沖縄の植物たち
干潟や河口付近でみられるのがこのマングローブ。マングローブという種があるわけではなくそういう喫水地帯に生息する植物の総称もしくはその一群の塊のことをさす。
c0074640_0323278.jpg


陸地で一番の注目はなんといってもこれ。サトウキビ。沖縄の農産物の中でも大きな産業となって人々の生活をささえる植物の一つではないだろうか。国道53号線をこのサトウキビを満載にした10トントラックが南下するのを何台もすれ違った。製糖工場へでも行くのであろうか。
c0074640_0355614.jpg


沖縄の1月は花満開であった。南の島の花の名前しらないのが残念であった。とくによくめだったのがこのハイビスカス。ここではこのはなは生垣に使われている。
c0074640_0373918.jpg


果物もいろいろ見かけたがこの木が一番目立っていた。パパイヤ。さてどんな味だったっけ。
c0074640_0385875.jpg



by youknow1957 | 2008-01-30 23:45 | 野鳥と自然
2008年 01月 29日

沖縄の野鳥 ヤンバル編

沖縄の野鳥の第三ステージはさらに北へヤンバルをめざしてまずは喜如嘉の農地をみることにする。農道などは下手に歩くより車を使っての移動が便利で鳥も逃がさない。人影には敏感な鳥も車には意外と無頓着ゆっくと近づけば、意外と真近かに鳥たちのおおらかな自然の姿を見ることが出来る。但し農道は農作業の為の道路なので作業の邪魔になる様な移動や立入禁止の場所へ入り込んではいけないのはいうまでも無い。
タカブシギ
田植え時期の水田などで群れになってのんびりと餌を探している姿を見ることが多い
c0074640_23273143.jpg


アオアシシギ
灰色で地味なシギだがわずかにそったクチバシが特徴。ううん遠いデジスコならラクラクなのだが
c0074640_23315199.jpg


ササゴイ
なぜかササゴイとは相性が悪くいつもこんな写真しかとれない。
c0074640_23332217.jpg


タイワンハクセキレイ
離島や南方で白いセキレイをみたらタイワンハクセキレイの可能性大セグロセキレイや
ハクセキレイと思わずチェックが必要。黄色いセキレイも然りツメナガセキレイや
キガシラセキレイの可能性もあり。
c0074640_23365223.jpg


アカハラ
ツグミ系なかでは私はかなり好きな鳥。でも出会いがいつも急で好い写真がとれない
「いつも君とは意外なところでばったりあうね」
c0074640_2339474.jpg



そしてさらに奥地でであったヤンバルクイナ

by youknow1957 | 2008-01-29 23:28 | 野鳥と自然
2008年 01月 28日

沖縄の野鳥 金武編

第二ステージは金武町にある億首川を中心に見ることにしてさっそくデジスコをセット。そして電源をオンにするのだが、あれ?電源が入らない、うん?あれあれ・・・・あ。デジスコ用のデジカメが潰れた!やばい。がしかしまったくどうしようもない、デジスコはあきらめてサブ機の一眼望遠を頼りに撮影をすることになった。それでもここではシロガシラ・リュウキュウツバメのライファー、またムナグロ、イソシギ、セイタカシギ、ミサゴ、また蝶のオオゴマダラも初見であった。
シロガシラ
c0074640_052179.jpg


リュウキュウツバメ
c0074640_061543.jpg



その他の鳥たち

by youknow1957 | 2008-01-28 23:58 | 野鳥と自然
2008年 01月 27日

沖縄の野鳥

一番最初に立ち寄ったのが漫湖干潟。そこではクロツラヘラサギ・ダイシャクシギを期待したのだか残念ながら当日はどこかにお出かけで見ることが出来なかった。チュウシャクシギ・アオアシシギ・キアシシギ・シロガシラ・ダイサギ・イソヒヨドリなど観察する。ここでのライファはアカアシシギ・チュウダイサギ2種。シロガシラは撮影するも背中だけで顔見えずで没。
アカアシシギ
c0074640_044460.jpg


チュウダイサギ
c0074640_053440.jpg



その他

by youknow1957 | 2008-01-27 23:58 | 野鳥と自然
2008年 01月 26日

沖縄の橋物語

サトウキビ畑と石川橋(コンクリート連続アーチ橋)
石橋のめがね橋の時代から九州にはアーチ橋がよく似合う。沖縄の地に昭和61年に出来たのが石川川にかかるのが石川橋。まわりには一面のサトウキビ畑がひろがり、橋上を米軍のボンネットキャブタイプの大型トラックがゆっくり進んでいたいる低音のエンジン音が響いていた。
c0074640_0333297.jpg


マングローブ林ととよみ大橋(斜張橋)
那覇の空港近くに広がる漫湖干潟にかかるとよみ大橋。この橋の南側の干潟には大きなマングローブの林が繁殖している。ここ数年マングローブの林は大きく拡大して干潟南側は森の様な状態になっている。自然のバランスは微妙なバランスで成り立っている。ある種の生物が繁殖すれば別の生物の減少を意味する。そしてその影響が大きく広がっていく。その引き金を引く多くの事例は人間の経済活動である。
c0074640_0412745.jpg



by youknow1957 | 2008-01-26 23:26 |
2008年 01月 25日

沖縄の町並み続編

廻った町並みを順に写真で紹介
壺屋で一番有名な町屋(重要文化財新垣家)
c0074640_275533.jpg


金城、時間の関係で首里城などは目もくれずこの石畳を歩くのが正統派路地裏探検隊
c0074640_295436.jpg


宿泊したANAラグナガーデンホテルからみた宜野湾の町並み
c0074640_211398.jpg


沖縄でももっともアメリカンな沖縄市
c0074640_214239.jpg


美ら海水族館に近くにある本部の町並み
c0074640_2161247.jpg


今帰仁越地
c0074640_217238.jpg



by youknow1957 | 2008-01-25 23:17 | 町並み
2008年 01月 24日

沖縄の町並み

沖縄の町並み那覇の金城・壷屋から北へ宜野湾、沖縄市、本部、今帰仁から最北端のヤンバルの奥まで訪問してきた。歴史ある琉球の伝統的な民家と鉄筋コンクリート造り、また米軍基地の影響を受けた沖縄市を中心としたアメリカ的風景と、亜熱帯的自然景観が織り成す町並みは全国的に見てもかなり異質な町並み風景をかもし出しているといえよう。
鉄筋コンクリート作りには穴あきブロックの多用され、二階部にはベランダに大きなスペースがさかれ、屋上にも穴あきブロックで手すりがされ利用されている個人住宅の多さ。そしてもっとも現代の町並みを特徴つけるところのいわえるハウスメーカーやプレハブがほとんど目にすることが無いのが一番の特徴であろう。大型のベランダと穴あきブロックは風通しの利点でしょうか。まあいえば現代風鉄筋コンクリートコロニアル様式といえそう。それが個人住宅はいうに及ばす、事務所ビルやマンションから役所建築にもその様式が好まれている点も面白い。 
ヤンバル奥
c0074640_0535520.jpg



by youknow1957 | 2008-01-24 23:52 | 町並み
2008年 01月 21日

鉄道員昭和45豊岡機関区

撮影した当時は何も思わなかったが今改めてみると働くおじさんが魅力的に写っている。その何枚かを昭和45豊岡機関区のスナップから。
どうこれ。今のメタボで運動不足の私にはとても出来ない
c0074640_2227421.jpg



まだあるよ

by youknow1957 | 2008-01-21 22:27 | 元てっちゃん
2008年 01月 20日

湖北探鳥

今年はケアシノスリが各地にでているのでもしやと思い湖北へ遠征したのだかケアシノスリにはあえず。代わりに出迎えてくれたのがいつものおなじみさんであった。
クロツラヘラサギかと思って撮影したらなんとヘラサギであった。
ようこそ前にもあったね。ここで。
c0074640_18434841.jpg


c0074640_18441556.jpg


c0074640_18443678.jpg



ほかにも

by youknow1957 | 2008-01-20 18:43 | 野鳥と自然