西山遊野の森羅万象ブログ

youknow.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2007年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2007年 12月 31日

ありがとう2007そしてさようなら(青函連絡船)

今年もあと数時間となりました。いろんな事があった今年。私にとってもたくさんの人や風景との出会いがありました。鹿児島での鳥撮影で偶然であった鳥のお友達、対馬、天草などの島めぐり。地元の市民団体での出会いや体験を通じでいろんな経験もできました。国立新美術館での作品展示も感激でした。ブログやサイトでもたくさんの情報交換ややりとりが出来て本当にたくさんの友達が出来たのが一番の収穫でした。また景観や地球温暖化への危機をこれほど真近に感じたのも初めてでした。ありがとう2007そしてさようなら。いろいろコメントありがとうございました。いただくコメントがブログ更新の力になってます。なんでもご意見、励まし、指摘、同感などお寄せいただければうれしいです。また来年も森羅万象ブログと西山遊野をよろしくおねがいもうしあげます。最後の画像はお宝の青函連絡船1980で締めくくり。
c0074640_20261330.jpg 



by youknow1957 | 2007-12-31 20:26 | サイトとブログ
2007年 12月 30日

そしてこれが京都の実体です

平成7年ごろから京都では表通りを中心にたくさんのマンション計画が持ち上がり見る見る間にご覧のような風景がいたるところに出現した。町屋の並ぶとおりから見るとマンションの壁が立ち上がっているのが表通りその先には北山、東山などの山並みが何処からでもみえるのが京の町並みであったのだがそれはもう過去のものとなった。もちろん大半のマンションは正規の手続きを経て建てられた適法建設である。そこには非はないが和は感じられない。あるのは力だけだ。力で景観の均衡を乱そうが彼には関係の無い話である。金の為には景観は犠牲になるのはしかたが無いことなのだろう。長年地域が守り互いに尊重しあった和の精神などは通用しないのが彼らの考え方だろう。建てては儲けだけ吸い取って町とは関係無に出て行ってしまう。そして残ったのがこの風景。
c0074640_23334118.jpg



by youknow1957 | 2007-12-30 23:33 | 街で見つけたこんな物
2007年 12月 29日

嘆日本景観

東横堀川という川をごぞんじだろうか。大阪圏外の方は知らない方がおおいと思うが、この延長線上の下流域にあるのがお馴染みの道頓堀川である。現在はご覧のとおり阪神高速環状線によってその河川の全域がご覧のような状態になっている。明治以後近代日本は富国強兵の国是として見事にその目的を達成した。そして気がつくと世界のトップランナーとして走ってきた、その後に残っていたのはこのような殺伐とした風景である。これからの日本のめざす道は文化力だろう。あの美しい日本の風景と景観こそその文化力が示される具現化した姿なのではないだろうか。江戸、明治そして現代日本、経済的には豊かになったが文化はけして豊かになったとはいえない。それは景観をみれば明らかだ。そして真の文化国家となりえたときにはこの東横堀川が再び青空を取り戻した時だろう。

国栄醜景在 国栄えて醜景在り
街春煤煙深  街春にして煤煙深し
落胆時花萎  時に落胆して花は枯れて萎れる
高層団地驚  高層マンション恨んでは心を驚かす
派手看板連  街には派手な看板連なり
違法建築蔓  違法建築 蔓延る
危険害電波 危険有害 電波さらに増え
嘆日本景観  全く如何 嘆かわし我日本の景観

西山遊野
c0074640_20334415.jpg



by youknow1957 | 2007-12-29 20:34 |
2007年 12月 27日

町の自転車屋

昔日米富士という自転車メーカーがあったんだよね。ちょっと年配の人なら知っていると思う。かつて自転車は日本の輸出品目であった時代もありたくさんの自転車が生産されていた。
わたしここの27インチ10段変速のロードレーサー持っていたんだけどな。クロモリのホイールはスギエのマイティーコンペ・変速機はサンツアー・リムはアライ。あの自転車何処へいったけ?気がついたときには日米富士はなくなっていた。サンツアーもなくなっていた。気がつけば日本から自転車専門メーカーはほとんど消えていた。そんな日米富士の看板を今だにあげている自転車屋さんみつけた。
c0074640_23412185.jpg



by youknow1957 | 2007-12-27 23:41 | 街で見つけたこんな物
2007年 12月 27日

歳末大売出しと万国旗

いつのころからだろう歳末大売出しと万国旗をみなくなったのは。そうだ商店街へいかなくなったのだ。昔は母に連れられていった商店街今頃の季節になると歳末大売出し。いつもより随分活気と華やかな空気が商店街を彩る。その主役が万国旗と大売出しののぼりだ。にぎやかて活気ある売り込みの声。時折聞こえる抽選器を廻す音と勢いよく降られる鐘の音。そういう風景はもう思い出の中だけだと思っていたらこんな懐かしい風景を見かけた。無形世界歴史遺産級でしょ。
c0074640_0173593.jpg



by youknow1957 | 2007-12-27 00:18 | 街で見つけたこんな物
2007年 12月 26日

集会所

「集会所の目的について」の「の目的について」は不要だろう。
また細かい説明はかんばんには必要ない。
簡単明瞭にする必要があるのでこの場合は

 集会所
入居者の皆様の親睦と福祉向上の為にご利用ください。

のみで十分だ。設置者がだれであろうかをここに書く必要性はまったくない。


そもそも集会所は住宅入居者の為にあるのであって団地管理の為に
あるのではない。にもかかわらず「福利向上のためにも」とわざわざ
ある。この論理でいくと市が住宅を建設をして管理をする為に
市民がいて住宅があるということになる。それ逆じゃないの?
市民がいて市営住宅がありそのために住宅局があるのじゃないかな。
まあ住宅局とっては本心がでてる素直な看板ともいえないことも無い。
c0074640_121758.jpg



by youknow1957 | 2007-12-26 01:02 | 看板ウォッチング
2007年 12月 25日

鯉に金太郎 (松屋町筋)

まいど!西山さんどうですか
どうですかといわれてもね
金太郎いかがですかお一つ
ええ?金太郎?お一つといわれてもね
やすうしまっせ。ええ品もんです
金太郎ねやすうするいわれても欲しくないもん
まあそういわずにお一つお孫さんに
孫なんておりません
あははお子さんに
いりません
じゃあ奥さんに
あのなよめはんに金太郎おくってどなします
じゃあ御主人さんご自身で
いりません金太郎なんか買ってどないしますねん
よろしいで飾りもんですがな。えんぎもんでっせ
負けときます。
いくら?
今日だけの特別セールで15万円の品、ほれこれ2万9千8百円
えらい安いやんか何で?
これは去年の売れ残りやし特別セールでんがな
でもいらん
(写真と本文の内容とは関係ありません)
c0074640_0235416.jpg



by youknow1957 | 2007-12-25 00:25 | 看板ウォッチング
2007年 12月 23日

クリスマスオルガンコンサート

ちょっと大人のクリスマスをといずみホールにオルガンコンサートにでかけた。
カレヴィ・キヴィニエミ(Organ)ヘイッキ・ライニオ(Temor)によるクリスマスソング壮大なパイプオルガンの響きとテノールのアンサンブルに聴き入った。パイプオルガンは一台のオーケストラと言われるほどの幅広い音域と圧倒的なスケール感これを越える楽器は存在しないのではないだろうか。もちろんこのサイズになるとホール据付になる。というよりこの楽器に合わせてホールを設計するぐらいの壮大な楽器である。お値段も数億円以上。特にストップ数が音色やスケールに関係するのでこの多さでそのスケールも変わる。そのことを踏まえてお一つお宅でも如何でしょう。もちろんこんなに大きいのは無理でしょうが個人宅用の小振りなの物もある。
c0074640_21552046.jpg



こんな

by youknow1957 | 2007-12-23 21:55 | 音楽
2007年 12月 22日

浪速の看板

大阪の看板はとにかくユニークなのが多い。大阪人のユーモアか元々もっている気質なのか。町を何気なくあるいているだけでいろいろ出てくる。そのあたりいくつかご紹介。

ワンちゃんいっぱい!めざせ101匹。予防接種登録票?というのかな。毎回もらってはるのだろうが以前のシールの横に追加して貼っていく。時々みかける物件だがここのはかなり多い。
c0074640_064643.jpg


ううんなんだかややこしい。但しが曲者、必ずもちょっと怖い。番号によって違うんだ。番号を見て入庫するんだな。何処に書いてある?ガシャ~ン。「ぐれぐれもよそ見運転にはご注意を」
c0074640_0105717.jpg


でました。文字欠落看板!はい「三  ビル」あら~看板だけじゃなくてビ自体もう取り壊し?
寂しいね。
c0074640_0131124.jpg



by youknow1957 | 2007-12-22 00:09 | 看板ウォッチング
2007年 12月 18日

お点前入門 

薄茶」「濃茶」の違いを体験するという企画でお茶部会のもよおしが小米庵で開催された。お茶は興味があってもなかなか敷居が高く初めてなら作法も難しく第一歩が踏み出せない。そんなお茶のお点前をほんとに和気藹々のなか楽しく判りやすく内容充実の入門編を経験することができた。
a0064449_031815.jpg



「薄茶」「濃茶」の違いはわかりましたか?

by youknow1957 | 2007-12-18 00:51 | イベント・公演・ライブ・サロン