<   2007年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧


2007年 11月 29日

ねぎぽんの単価逓減の法則

学生さんメニューによると学生さんだけが4ケ¥200円の恩恵が受けられるようだ。いいな♪
それにしても余計なおせわですが¥200円ってえんが重複でないかえ?

たこ焼きにおける数量増加による単価逓減の法則はなりたたないようでいくら増えても一個あたり¥50円になる勘定だ。おじさんにも4ケ¥200円で売ってくれ。ところがびっくりねぎぽんは見事に単価逓減の法則がはたらいており6ケのとき¥66.66円、8ケのとき¥62.5円、10ケのとき¥60.00円、12ケのときはなんと¥58.33円となっておる。ううんたこ焼きとねぎぽんにおけるなぞの価格設定。
c0074640_1303454.jpg



by youknow1957 | 2007-11-29 01:30 | 街で見つけたこんな物
2007年 11月 27日

女湯潜入

ついに禁断の憧れの聖地女湯に潜入を果たすことができた。
c0074640_2355427.jpg



大胆・衝撃・過激・危険・マル秘・大奥

by youknow1957 | 2007-11-27 23:19 | 街で見つけたこんな物
2007年 11月 27日

大宮跨線橋

京都市内のJR東海道線には4つの跨線橋がある。東から東大路の今熊野跨線橋、高倉の跨線橋、そして大宮の跨線橋と後は向日町停車場線である。そのなかでももっともレトロチックなのがこれ。リベットフェチには萌え~ええでしょう。これ。とくとごらんあれ。その横の機械室みたいなバラックもええね。
c0074640_0203118.jpg



さらに萌え~

by youknow1957 | 2007-11-27 00:21 |
2007年 11月 26日

町内看板

この一帯の町内看板は広告会社のではなく町内会特注のようなスタイルである。道路と敷地割が丁寧に描かれているのと消火器の設置場所がしっかり銘記されているのはやはり同じである。自治、自衛、消防と古くから自らを地域で守ろうという伝統の現われかもしれない。同じような大都市でも江戸は蔵造りのという物理的な防火構造の建築で都市を守ったのにたいして、京の街は地域ぐるみて互いに火を出さない町作りという地域防災をそだてた違いがあった。ここに書かれた消火器の町内マップにもその伝統が継承されているのかもしれない。
c0074640_06239.jpg



ここもそうです。例外はありません

by youknow1957 | 2007-11-26 00:06 | 看板ウォッチング
2007年 11月 25日

小山幸容先生の生け花ことはじめ

フラワーアレンジ用吸水スポンジと剣山の違いは判りますか?から始まるレクチャーに聞き入るうちに始まった第3回小山幸容先生フラワーサロン。今回も定員オーバーの好評の小米庵サロンは特に楽しかった。フラワーアレンジと生け花を両方を同じ先生で体験できるのは実によい経験であったことは間違いない。生け花の活け方、見方、歴史、表現、作法、そして心。わずかな時間であったのだろうが「なるほどなるほど」目からうろこの最初の第一歩だった生徒も多かったようだ。ほんとは奥の深い世界なのだが楽しく活けるのが一番大切だとお教えいただいた。これこそ生け花にとって一番大切なことなのではないだろうか。活けること自体を大切にする日本の生け花はまたフラワーアレンジとは違った面白さを感じることができた。
a0064449_0193148.jpg



サロンの様子

by youknow1957 | 2007-11-25 00:51 | イベント・公演・ライブ
2007年 11月 23日

祝日の国旗掲揚

今日は11月23日勤労感謝の日で祝日。そこでみかけた祝日の国旗掲揚。戦後は国旗掲揚の習慣はほとんど見なくなり。船舶、保安庁、自衛隊、および祝日の公共交通機関や国際的スポーツ競技や国際的な交流の場面でしか見ることがなくなった。かつては一般家庭でも玄関先に祭日には国旗を掲揚したものだが、いつの時代からあまりおこなわれなくなったのであろう。にもかかわらず現在でもこうして通りを挟んでかなりの狭い地域で一般の民家でかがげられられている地域があるのは驚きだ。
c0074640_2311575.jpg



by youknow1957 | 2007-11-23 23:12 | 街で見つけたこんな物
2007年 11月 22日

大鳴門橋

大鳴門橋(吊り橋)中央径間は876m
鉄道、自動車共用の上下二層構造になっているが明石海峡大橋が道路単独橋として造られたのでこの橋に鉄道が通ることはまずなくなったであろう。この橋の一番の特徴は橋脚が通常の形ではなく多柱基礎が採用されいることである。海水の汚濁や渦潮への影響を考えてのこと、やはり鳴門海峡にとって渦潮は大きな財産である。本四連絡橋の神戸・鳴門ルートの一部として1985年に完成。その後に完成した明石海峡大橋やしまなみ街道の各吊り橋と比べると中央径間では短いのだが日本の長大橋技術の発展の初期段階での技術的な基礎を蓄えた歴史的な橋といえよう。ただこの大鳴門橋は地理的要因で風が強く毎回通過するたびに40km規制がでて風のなかでの通行は多少怖い思いをするのが少々難点である。
c0074640_0142152.jpg



by youknow1957 | 2007-11-22 00:14 |
2007年 11月 21日

会員制

会員制クラブ、バー、ラウンジの類の店を場末で時々みかけることがある。以前から気になっていたのだがなかなか写真を撮れなかった。なんとなく廻りに人がいると撮りにくい。ほかの看板なら平気なのだが?撮影している時に後から「おいこら何撮っとるんやわれ~」とか怖そうなおっさんにいちゃもんつけらそうで~(笑)そういうわけでやっとの思いで今回のブログネタをしいれた。さてこの手の店はなぜ会員制が多いのか?ドアなんかもここのようにけして中の雰囲気を垣間見ることもない。この写真の店などはそもそも店かどうかすらわからない?店名も看板もいっさいないわけだから、そもそも会員制クラブ、バー、ラウンジであるかもどいかもわからないのだが。この会員制の小さなプレート一枚でその存在感のイメージを持たせられる素晴しい看板といえそうだ。マンションやアパートにお住まいの方。一度このプレートを張ってみてはいかかだろう。はたして客は来るのか来ないのか。さて会員制のそれらの店の会員になるにはどうしたらいいのだろう。入会申込書、会費、会則、会員証、総会なるものがあるのか無いのか?一度ノックして訪ねてみるのもいいか?「お宅のお店の会員制の様ですがどうしたら会員になれますか?」あるいはこの手の店の会員のかたいらしゃったらコメントください。c0074640_23551277.jpg



by youknow1957 | 2007-11-21 00:02 | 看板ウォッチング
2007年 11月 20日

おしやれ羊口口?

おしやれ羊口口?ってなんだろう。推測するに古くなった看板の文字一部分が欠落しているのかも?勝手な想像で根拠はなのだか「おしゃれ洋品」かもしれない?
c0074640_0324812.jpg



by youknow1957 | 2007-11-20 00:33 | 看板ウォッチング
2007年 11月 19日

秋の休日

c0074640_23524790.jpg


c0074640_2353627.jpg


c0074640_23532795.jpg


c0074640_23534932.jpg


c0074640_2354918.jpg


c0074640_23542754.jpg



by youknow1957 | 2007-11-19 00:01 | 写真