西山遊野の森羅万象ブログ

youknow.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2006年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2006年 11月 29日

大崎下島(広島・呉市)

新しいカテゴリ「島」第一号の第一号。島へは渡り鳥の撮影に石川県の舳倉島へ行って以来その魅力に取り付かれその後山形の飛島、山口の見島など野鳥の島へ渡るようになった。ちなみに島という漢字の起源は鳥が羽根休めをするためにある海に飛び出た山だから島という文字になったそうな。ゆえに鳥を見に島へ渡るのがもっとも由緒正しい渡りかたなのである。さて今回はその野鳥とは関係なしに重伝建の町並みのある大崎下島へ渡る。

【面積】17.82K平方メートル【周囲】26.0Km
【標高】一峰寺山449m【人口】3,233人
【来島者】11,500人 参照「日本の島ガイドシマダス」

大崎下島はミカンの島である山の斜面のいたるところがミカン畑になり道路が整備されている。島の中心部といえば普通は魚や海の匂いが幅を利かせているものだかここはミカンが釣れる島なのだ。
c0074640_2353102.jpg


商業で使う船が商船、漁業に使う船が漁船というように農業に使う船は農船とよぶ。この島にある船はほとんどが農船だ。島の各地や付近の他の島にあるミカン畑への作業、収穫の足となり輸送手段ともなるわけだ。
c0074640_23583750.jpg


江戸時代には潮待ちの港として栄えた町の中心が御手洗地区の町並みである。こういう見事な
町並みがある島。瀬戸内海は交通の障害ではなく交通手段そのものだったことがうかがえるc0074640_023323.jpg


そして時代が変わり現在の島の交通の中心も船であることには変わりない。島の船着場は島と
各地を結ぶ唯一の諸点である。本土のターミナル駅以上の絶対的な地位をたもっている。
旅慣れているわりにおじくそなのでこういう場所では誰よりも早く着いてまっていないと不安なのだ。まだだれも着ていない船着場。
c0074640_061363.jpg



by youknow1957 | 2006-11-29 23:53 |
2006年 11月 28日

大久野島のウサギ(広島)

大久野島は別名兎島ともいわれる。島内にはおよそ500匹ほどの野生のウサギが生息する。これはかつて大久野島が毒ガス製造工場があった時に由来する。毒ガスの製造保管過程において万一のガスの漏洩のセンサーとしてたくさんのウサギが飼われていた。戦後施設は廃止になりそのまま放置されたウサギたち。その末裔のウサギたちがいま島内を駆け巡っているわけだ。とにかくひとなつこく可愛い。宿舎の広場では歩いていると餌をおねだりに集まってくる。ここにいるのが一番だということをしっているようだ。
c0074640_23234967.jpg


c0074640_2324778.jpg


c0074640_23241939.jpg


c0074640_23243171.jpg



by youknow1957 | 2006-11-28 23:24 | 野鳥と自然
2006年 11月 27日

大久野島発電所跡(広島県・大久野島)

大久野島は戦争中毒ガス製造基地があり地図から消えた島であった。ここはその工場へ電気を供給する火力発電所の跡地である。この廃墟のような建物のほかにも毒ガス貯蔵庫跡、日露戦争の時代の砲台跡など戦争の歴史を刻む建物がそのままの容で残っている。島はその閉鎖性ゆえ歴史の証言となる建物をそのままで残す場所でもある。
c0074640_043712.jpg


c0074640_05678.jpg


c0074640_052731.jpg



by youknow1957 | 2006-11-27 00:05 |
2006年 11月 24日

キャバレー(大阪・千日前)

味園・キャバレーユニバースというのが懐かしい何でかな?うううん昔このコマーシャルをテレビでやっていたような。大理石造りというのが泣かせるぜ。キャバレーってどんなとこかな?ライザ・ミネリのキャバレーか。あはは編みタイツはいてラインダンスしてるところかな?今はもうそんなものないのかな、あったらちょっと見てみたい気もする。
c0074640_2302851.jpg



by youknow1957 | 2006-11-24 00:02 | 看板ウォッチング
2006年 11月 23日

東神戸大橋(兵庫・神戸市)

全長885.0m(中央支間長485.0m)・片側3車線の斜張橋。神戸市東灘区にあり阪神高速湾岸線の一部である。関西圏にある最長・最大の斜張橋でありその規模は860m(中央支間長460m)の横浜ベイブリッジをわずかにしのぎ大都市にある斜張橋としては日本一である。ちなみに全国的に見れば瀬戸内海にある全長:1480m(中央支間長860m)多々羅大橋(たたらおおはし)が世界最大になる。つり橋に較べると中央支間長ではまだおよばないものの塔から延びたケーブルがバランスをとって自立するのでつり橋のような大掛かりなアンカーレイジが不要なので都心の高速道路や場所的な制約、地盤の制約が少ないすぐれた構造だ。また優れたデザインも都市のランドマークとしてのシンボルとなりえる。それだけすぐれた特性をもつ斜張橋なのだが近年まであまり作られなかったのは構造計算の難しさがその普及を阻んだ原因でもあった。
c0074640_0405412.jpg



by youknow1957 | 2006-11-23 00:40 |
2006年 11月 22日

神戸ファッションマート (兵庫・神戸)

六甲アイランドは神戸市が21世紀の未来都市として総面積580ヘクタールを埋め立した人工島に作った都市だ。その歴史は思ったより古く昭和47年に埋め立て工事が始まっている。昭和 63 年には最初の街区「ウエストコート 4 番街」完成入居。そして平成3年オープンの神戸ファッションマートは六甲アイランドでもセンター的建物として現在にいたる。その内部はご覧のとおり大きな中空スペースを擁する巨大空間である。ここもできてすでに15年もの歳月がながれ当時の未来空間も幾分色あせてきたようにも見える。さてさらに10年後この場所はどのように年老いて行くのかあるいは進化していくのか。その時代を象徴する場所の定点観察は結構面白いかもしれない。
c0074640_0424231.jpg



by youknow1957 | 2006-11-22 00:42 | 都会の造形
2006年 11月 21日

阪神・淡路大震災記念人と防災未来センター(兵庫・神戸)

阪神・淡路大震の記録と記憶の為に作られ二度と再びこのような災害が起こらないように、いろいろな知恵や知識をわかりやすく発信して、災害に強いまちづくり、地域づくり、の為につくられたのがこのセンターである。それにしてはこの四方ガラス張りの建物自身が地震によりガラスの破片が雨のように降り注ぎはしないのだろうか?不安感を掻き立てる建物なのがちょっと気がかりだ。最近の新しく出来る高層ビルは皆申し合わせたようにガラスと金属でできた塊のようなビルが多い。たしかにシャープで鋭角な感じはするのだが、なにか人を拒むような冷たい印象がする。防災という安心と安全を人々や社会にもたらしその情報や知恵を発信するセンターなのであればそんな印象はあまり相応しくないように思うのだかいかがだろう。
c0074640_07556.jpg


c0074640_0125753.jpg



by youknow1957 | 2006-11-21 00:07 | 都会の造形
2006年 11月 20日

飛行機が海からやってきた(兵庫・神戸市)

西宮の海岸で海をみていたらあらら飛行機が海を航行して到着した。そうここは飛行艇メーカーの新明和工業航空機事業部甲南工場のお隣だった。飛行艇というのはなかなかかっこいいものでちょっとレトロな感じもする。
水陸両用飛行艇「US-1A型救難飛行艇」
c0074640_23461938.jpg



by youknow1957 | 2006-11-20 00:03 | 乗り物
2006年 11月 19日

白化粧花紋柄夏茶碗

陶芸教室では去年より課題作品というテーマができた。今年のテーマは「飯茶碗」もっとも実用品であり毎日のように使う茶碗。あまりにも日常過ぎて結構難しい。持ちやすさ、扱いやすさ、飽きが来ず、それでいて楽しさもあって上品でシンプル。あああ結構かせられる条件はきびしいのだ。
c0074640_23584640.jpg



by youknow1957 | 2006-11-19 00:03 | 陶芸
2006年 11月 18日

ブラインド(兵庫県・神戸市垂水区)

鉄チャンはいかなる情況であっても車窓から流れる風景を見るべし。という原理原則があるのだが冬場の陽射しは低く意外とまぶしい。ほとんどの窓にブラインドが架かる。そんななかでええ年齢のおっさんが外を眺めるのはなかなか苦しい情況に置かれる。周りの冷たい視線に耐えかねて無念の気持ちでおろしたブラインド。そこで一句

冬暖しうとうとうとと次の駅

短日の光りあふるる山陽路

小春日や快速電車で眠りこけ

c0074640_16297.jpg


c0074640_164563.jpg


c0074640_165947.jpg



by youknow1957 | 2006-11-18 01:07 | 俳句と歳時記