西山遊野の森羅万象ブログ

youknow.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2006年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2006年 02月 28日

和洋混在

和風の民家で一部だけ洋館になっている物件である。おそらく洋間(応接間)が客間になっているのであろう。京都にも丁寧に見ていけば相当数あるようだ。町歩きでも大抵一軒ぐらいはでてくる。それでもその造りや間取り意匠はそれぞれ異なり定型の様式はないのかもしれない。いままで見過ごしていたが数量があればテーマとして追いかけても面白そうだ。
c0074640_1132472.jpg



by youknow1957 | 2006-02-28 01:13 | 街で見つけたこんな物
2006年 02月 26日

20年ほど前の京都駅

「回想列車の旅」の写真を整理していたら京都駅1983が出てきた。遠州鉄道を撮影に行く日京都駅の早朝を撮影したのだろう。当然まだ新しい京都駅ビルなどは建っていない。もはや記憶がないそれにしてもまだ朝日のでる前の様な写真。ひょっとすると在来線で浜松までいくのだろうか?びっくり同じ人間でも20年の年月はライフスタイルをかなり変えてしまう。いまなら当然在来線の選択はありえない。新幹線か車だろう。当時はまだ若かった。時間よりお金がなかったのだ。あの頃の自分にちょっとおこづかいをあげたいものだ、どんなにか喜ぶだろう。
c0074640_2211488.jpg



by youknow1957 | 2006-02-26 22:12 | 元てっちゃん
2006年 02月 25日

オオタカの食事(名古屋・庄内緑地公園)

都会の公園でも運がよければ生き物たちの営みを垣間見ることができる。食事中はだれでも多少は無用心になるらしい。それはオオタカとて同じこと、かなり近づいても気づかず一生懸命お食事の様子。ゆっくり観察させていただきました。そのあいだほんの近くを自転車は走るは、子供はうろちょろ、散歩の家族連れはおしゃべりに夢中。そりゃあ公園だものもちろんそれはすべてまともな行為。誰一人として気がつかないようだった。それともあまり関心もないのかもしれない。オオタカ君それでもやっとわたしに気がついたようだ。急に食事をやめて辺りに気を配る。彼と目があったようだ。それでもさすが猛禽類逃げようとせず、さりとてやはり気になるようでこちらを凝視したままほんの数秒だがこちらにも緊張感が伝わってくる。私もちょっと気がひけたので三脚をもって後ずさりして彼の気のさわらない位置まであともどり。食事中じゃましてすみません、決して横取りなんてしませんからごゆっくりね。
c0074640_1956091.jpg



by youknow1957 | 2006-02-25 19:56 | 野鳥と自然
2006年 02月 25日

鳥飼大橋からみた梅田

以前梅田地区のとこをこのブログに書いた。東京に較べると幾分小振りと書いたのだがじつはこの梅田、中之島地区はかなり凄い高層ビル築らしい。大阪空港の進入路になり航空法の関係でここは200mを越える高層ビルが建てられないので高さでは劣る物の、密度と数量では日本でもトップクラスらしい。阪神高速で環状線から池田線へ分岐する界隈の風景は確かにすばらしいものがある。まだ建設中のものも多く、大阪駅北側の梅田駅の再開発もスタートすれば日本一の高層ビル群になるだろう。シオサイトや新宿副都心、OBPなどの再開発築ではなく既存の町並から立ち上がっている点が魅力的だ。
c0074640_143487.jpg



by youknow1957 | 2006-02-25 01:43 | 街で見つけたこんな物
2006年 02月 24日

こんな高層ビルはいかかでしょう

戦前の橋には橋の一番手前にはこのような立派な親柱が建っていた。この親柱は京都鳥羽大橋のものである。なかなかのグットデザイン。どうでしょう味気ない高層ビルばかりがめだつ今日この頃こんな雰囲気のビルがあればカッコイイと思うのですが。
c0074640_095754.jpg



by youknow1957 | 2006-02-24 00:10 |
2006年 02月 23日

のぞみはみんなの「おのぞみ」

名古屋駅前の会社で9:00からの営業会議周辺各地から担当者がかけつける。みな最寄り駅を8:00にスタートするとしてどこにすむ担当が一番はやくつくでしょう。豊橋なら8:18分のこだま599号で8:46分名古屋着。犬山(愛知県)なら8:08発名鉄にのり08:44着の名鉄名古屋駅で徒歩約5分で名古屋駅。津(三重県) なら 08:05発近畿日本鉄道にのり近鉄名古屋に8:56着で徒歩やく5分で名古屋駅。岐阜なら名鉄岐阜駅 8:12発名鉄にのり8:39着名鉄名古屋駅、 徒歩約5分で名古屋駅。大津なら08:10発一旦京都へでて8:20着 8:26発のぞみ72号で9:02名古屋着。京都から8:06発新幹線 のぞみ112号で8:42で名古屋着になる。結果はなんと一番遠方の京都在住の西山さん一番最初に名古屋駅に着くことになる。同県の犬山や岐阜、津では新幹線がつかえない。新幹線停車駅の豊橋でものぞみ停車しないのでこだましかのれない、新幹線駅の無い大津に至っては通過する新幹線を見ながら一旦逆行をしないと名古屋に出られない。それも会議には2分遅刻の9:02であった。


さて一番遠方の京都の西山さんちゃんと時間どうりに到着できるでしょうか。
c0074640_181080.jpg



by youknow1957 | 2006-02-23 01:09 | 乗り物
2006年 02月 22日

のぞみはJRの「おのぞみ」(名古屋駅)

最近は普通より新快速、こだまよりのぞみ、の時代なのだ。在来線でも新幹線でもいつも高速ではしる優等列車はいつも満員。普通や各駅のこだまががらすきなのだ。ちょっと時間に余裕があれば各駅の電車に乗る方が旅情とリラックスを優雅な時間が過ごせること間違いなし。それでもみな早い電車で目的地へいそぐ。いまはそういう時代なのだろう。これはじつは一極集中の都市人口と無関係ではない。東京へ東京へ。通信と交通が発達すれば国土の均等な発展ができるとだれしもが疑わなかった。それらができればどこにいようが同じレベルのサービスと供給をうけられる。とこをが実際はまったく逆の現象だけが残った。東京へ東京へ、そして都心へ都心へ。県庁所在地へと人々は流れたのだ。通信と交通は理想とは逆に便利になればなるほど周辺部や中間部を不便にしていったようにおもう。特急停車駅と各駅停車駅。のぞみ停車駅とこだま停車駅の格差は大きい。おなじ住むなら、おなじ事務所を構えるならのぞみ停車駅だし特急停車駅。そして全国から情報と物流の中心となる東京だ。おなじならそうすべきだろう。そして全国の優良企業の本社は東京へ集まる。そうするとJRは優等列車をより多く走らせて収益をあげる。かくてわたしはのんびり旅がしたいがいくらまっていても、もはや「ひかり」は走ってこないのである。
c0074640_1265057.jpg



by youknow1957 | 2006-02-22 01:27 | 乗り物
2006年 02月 21日

さよなら交通博物館(東京・万世橋)

2006年5月14日(日)で東京・万世橋の交通博物館が閉館する。1921年(大正10)からの長きにわたって親しまれてきただけにさみしい気がする。そして新たに2007年(平成19)10月14日さいたま市に移転し、名称も「鉄道博物館」になる。先日わたしにとっては最後になると思い万世橋駅の遺構の公開の見学を兼ねていってきた。遺構見学はかなりの賑わいであったが博物館自体はあまり見学者もなくちょっと寂しい感じがした。最近の派手でお洒落な博物館に較べるとたしかに見劣りがするし(なつかしい昔ながらの博物館)になっていた。かつてとは違い鉄道自体の人気もいまいちかも知れない。わたしが少年のころは男の子はみな鉄道好きだったのだが今はどうなんだろう。そういえばうちの息子も小さい頃から鉄道に特に興味を示さなかった。
c0074640_0344248.jpg



by youknow1957 | 2006-02-21 00:36 | 乗り物
2006年 02月 20日

樹氷(大阪・金剛山)

ひとあし早い桜満開の様に見えるこれ実は樹氷である。こんなに美しいのは始めてみた。来たときにはほとんどなかったのだがほんの短時間で見る見る出来上がった自然芸術作品。だた美しいだけといいたいところだが寒かった。
c0074640_0161113.jpg



by youknow1957 | 2006-02-20 00:16 | 俳句と歳時記
2006年 02月 19日

途中下車さあどっち?

JRでは100キロメートルを越える普通乗車券であれば途中下車ができる。では途中下車の際自動改札を通るのでしょうか、あるいは人のいる改札で駅員に提示するのでしょうか?正解は「警告音が出る覚悟で自動改札を通る」である。先日出張で横浜から京都まで得意先訪問の為途中5駅で途中下車をした時の報告。横浜から京都までの乗車券で新幹線に乗車。島田の得意先廻りのため在来線乗り換えと昼食をとるため掛川で最初の途中下車。最初のため冒頭の疑問がわいた、判らないのでまず人のいる改札で質問をかねて駅員に途中下車を告げると自動改札へと言われる。昼食をすませ新幹線駅のない島田途中下車の為在来線に乗り換えるので在来線の自動改札へ投入。難なく入場する。 さてあとの途中下車がすべてこれで終わればこの話は話題にはならない。まず島田で自動改札へ投入して警告音がなる。人のいる改札にて途中下車。帰りは当然のごとく警告音がなった自動改札を避けて人の改札へいき切符を見せるとなんと自動改札へ廻れという?そして通過。ここで完全に疑いの芽が芽生える。 


掛川新幹線出口       自動改札       在来線再入場   自動改札
島田在来線出口     人のいる改札       再入場       自動改札
三河安城新幹線出口    自動改札    在来線再入場    人のいる改札 
刈谷在来線出口       自動改札       再入場       自動改札       
名古屋在来線出口      自動改札    新幹線再入場    人のいる改札
 
まったく統一がなく各駅個別の対応に思える。それともなんらかのルールがあるのだろうか私にはその法則性が理解できない。よって一応自動改札に入れて警告音がなれば人のいる改札へ
という私のルールを決めた。ただし一つだけ不安がある某駅の改札では途中下車有効券でも一度自動改札に投入すると下車とみなしそれきりいれた乗車券が戻らない駅があるかもしれないことだ。  


c0074640_1001447.jpg



by youknow1957 | 2006-02-19 10:00 | 乗り物