<   2005年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2005年 09月 29日

近江鉄道

ちょっと懐かしいシリーズが続く。1972年11月頃の近江鉄道彦根付近。近江鉄道は西武グループで昔から西武鉄道の旧車両が多くあり、またセメント輸送の為私鉄ではめずらしい貨物輸送が盛んで電気機関車を所有するなど鉄道ファンの心をひきつける要素がある。多くの地方私鉄が吸収合併は廃止されるなかで、したたかに生き続ける近江鉄道に近江商人の姿を感じ取ることができるのではないだろうか。
c0074640_0362088.jpg



by youknow1957 | 2005-09-29 00:37 | 元てっちゃん
2005年 09月 28日

南海電鉄平野線

こちらは1980年に廃線になった南海電鉄平野線。もう25年も前になるので年配の人や地元の人でないとあまり記憶にないかもしれない。たしか阪神高速道路の松原線と地下鉄谷町線の工事とともに廃止になったように記憶しているのだが。大阪にもその他路面電車が走っていた。大阪市電・阪神電鉄野田天六線などがあった。 撮影は昭和50年3月c0074640_0292815.jpg



by youknow1957 | 2005-09-28 00:31 | 元てっちゃん
2005年 09月 27日

京阪京津線

フイルムスキャナーを買った。かなりの枚数のネガフイルムが残っている。それをボチボチデジタル画像化挑戦してみようと思い立った。一気にまとめてスキャンできるのだが一枚一枚懐かしいに見入ってしまう。それらの画像がたまったらまた凄い量のコンテンツになるので新しいサイトが十分できてしまう。さてまた一つ新コーナーを立ち上げるべきか。今でもてんてこ舞いのいそがしさなのにね。まったくあまり気の多いのもいい加減にしなくちゃいけない。それでも古い写真が懐かしいぐらいに歳をとってしまった。京阪電鉄の三条から浜大津まで京津線地上線が地下鉄東西線の完成と共に地下鉄道化したのは1997年こと。それでもかれこれ8年になるのか。この写真は1980年頃と思われる。c0074640_0513926.jpg



by youknow1957 | 2005-09-27 00:50 | 元てっちゃん
2005年 09月 25日

個展終了御礼

本日無事第3回若井明個展 西山遊野の「洛中洛外スケッチ図屏風」
終えることができました。
ご高覧いただきありがとうございます。
今回はテーマに町並を選んで描きました
訪問できたのは100ヶ所をこえたぐらいでまだまだ
駆け出しです。そのなかで特に印象深く気に入った作品を展示
いたしましたが、これからも町並訪問の旅を続けて行きたいと
思っております。その様子はサイト「洛中洛外スケッチ図屏風」
にて引き続き展示発表いたしますので引き続きご鑑賞いただければ
幸いです。
期間中いろいろ至らぬ点多々ありましたがお許しいただき、
今後ともよろしくご指導ご交友いただきますよう
おねがい申しあけます。

 「洛中洛外スケッチ図屏風」 
 
 若  井   明 (西山 遊野)

c0074640_20164629.jpg



  

by youknow1957 | 2005-09-25 20:19 | 展覧会の案内
2005年 09月 24日

個展5日目

今日で5日目あと一日となった個展。懐かしい人、初めてお会いする方。朝から終了までほぼ途切れるれることなくたくさんのお客様がみえられた。一度の来店になってなかなか十分なご挨拶、御礼ができないので失礼になって申し訳なく思ってしまう。しゃべり疲れて忙しかった一日も閉店ととも今日も無事終了。イベント事でも最終日が近づくにつれ充実感と同時に一抹の反省や寂しさもあるものだ。そんな気持ちに同調するような帰路のやさしく包む暮れなずみむ町角。さああと一日十分満足できるお客様への応対で十分楽しもうとおもう。
c0074640_21285036.jpg



by youknow1957 | 2005-09-24 21:28 | 展覧会の案内
2005年 09月 23日

個展4日目

今日は個展が始まって始めての祭日。たくさんのお客様に来ていただけた。熱心にみていただけたし、お褒め評価などいろいろ参考になるお話もいただけた。それにもまして皆さんモチーフになった町並に大変関心を持ちそれぞれの町屋や町並に対する思い入れが高いのがうれしかった。

c0074640_23543153.jpg



by youknow1957 | 2005-09-23 23:52 | 展覧会の案内
2005年 09月 22日

小市民的喜び

地方新聞の市民欄には小市民的話題が満載だ。どこそこの子供さんの誕生日と顔写真・市民広場で祭が開催された・少年サッカーチームがJリーガーの選手を交えて練習する・そしてまちかど情報、そこには見る・参加する・学ぶ・集う・相談などあって今回の個展の案内が載った。載って嬉やご本人と言うと事でしょう。家族みんなでみて「いやーすごいやん」「やったね」「ちゃんと新聞とっとかなあかんえ」なんてこと言ってはしゃぐんでしょうね。実は今回で2回目になる。前回の第2回個展の時もカラー写真入りで掲載された。ここに掲載されるにはちょっとしたこつがあってそれさえつかめば割りと簡単に採用される。○○○男の個展では写真載りません。地域の名前や歴史などちょっとみんなの関心を引きそうな展覧会のネーミングがポイントになる。ちなみに前回は「京都近代建築スケッチ巡り展」今回も掲載を意識していたのでヤッターて感じだ。やはりこれは小市民的喜びなのでしょう。

京都新聞 9月19日朝刊

c0074640_2249291.jpg

by youknow1957 | 2005-09-22 22:49 | 展覧会の案内
2005年 09月 21日

搬入風景

すでに個展が始まっている。今回は出だし好調の様ですでにたくさんの方にご覧いただいている。後半は3連休になるのでかなり期待できそうだ。今日は搬入で絵を割り振りして架ける前の段階のスナップを公開してみる。グループ展や公募展を含めて何度も経験している作業だが、これがなかなか大変な作業なのだ。神経も体力も使うのだが短時間で効率よく見画栄え良く仕上がればまずは合格。c0074640_23242731.jpg

by youknow1957 | 2005-09-21 23:25 | 展覧会の案内
2005年 09月 19日

第3回西山遊野個展

今日は十六夜昨日までの晴天も今日はあいにくのお天気でお月様はかくれんぼ。その代わりに「十六夜卯土鈴」をご鑑賞ください。なおこの現物を観たい方は明日20日から25日までの「第3回西山遊野個展」にて見ることができます是非のご来場おまち申しております。

c0074640_21184789.jpg



by youknow1957 | 2005-09-19 21:19 | 展覧会の案内
2005年 09月 17日

待宵月

今宵すでに待宵月が曇り空の中から顔を出していた。花鳥風月を愛でる日本人の感性のすばらしさに感謝する季節。ファインダー一杯に入った月も時間の経過と共にずれていく、宇宙の営みを実感。そろそろ宇宙旅行も売り出され現実となってきた。まだちょっと高いので予算のうちではいけそうにないのだが、もう少しおてごろな価格になれば宇宙空間から地球を見てみたいものだ。

モニターで光り溢れし小望月

c0074640_20232150.jpg



by youknow1957 | 2005-09-17 20:24 | 俳句と歳時記