西山遊野の森羅万象ブログ

youknow.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 09月 06日

無謀なデビュー初日40キロサイクリング

高校以来の再びのサイクリング生活。昨日納車で試運転。とりあえず乗り方と降り方、ギアチェンジ、ブレーキの掛け方だけはふらふらしながらでも何とかできた。そして今日がデビュー初日。近所の公園でまずは写真したのこれ。まだ何も装着されていない。撮り終えてから若干の装備を取り付けて近所で練習のつもりが下り坂をスイスイと下り、危なっかしくも市街地を通りとりあえずのサイクリングコースへ出てみた。京都の街は基本的には北から南への下り坂。いい調子でどんどん走っていると朝早く風がさわやかで気分爽快。
c0074640_22113187.jpg





桂川サイクリングロードはまったく初めてだったが近所なので断片的にはどこも見覚えがある風景ばかり。
それでも車や歩きの目線と違うのが面白い。巡航速度に乗りなだらかな下りは軽快にとばせる。
それをなんだか自信と勘違い。いけるじゃん。どんどん下って南区を越えて伏見の鴨川付近まで到達
c0074640_2218933.jpg


意外と早い到達にさらに気が大きくなり横大路運動公園を経て宇治川沿いを伏見港に向けて進みだす。
こちの道は整備があまりされておらず、一般道へ出たり、きつい坂があったり、
日差しが上がりだしたりでだいぶ様子が変わってきた。股もだいぶ痛くなる。それでも三栖閘門をみて休憩をとる。
c0074640_2224911.jpg


しっかり三栖閘門も撮影。これは近代化遺産でございます。ええでしょう。現存する閘門では
おそらく日本でも一番かっこええと思います。こういうがでてくるのが遊野森羅万象ブログ的。
c0074640_22281018.jpg


せっかくやし自転車といれて三栖閘門
その後桃山南口から先のにあるいつも紅雪窯によってから同じコースを戻ることに。
ところがこの時点でほぼ体力やあちこちの痛みなどがちょうと終点でいいぐらいの疲労度であった。
つまりあと20キロメートルとはオーバーワークになるのだ。しかも判っていたとおりこれからは
なだらかではあるが上り。そして最後にはスイスイ下った下り坂がだらだら続く上り坂となって
待ち構えていることはすでに最初からわかっていたことではあるがこのときは軽く考えていた。
c0074640_2229387.jpg


帰りはだいぶ疲労がたまり、日は容赦なく照りつける。木陰で何ども休息ばかり。それでも
サイクリングロードはそんなに悲惨ではなかった。木陰の休息を撮影する余裕すらあったが
桂大橋を渡り樫原街道の坂道を上がるところではフラフラ状態。こけたら危ないので必死でこいで
ついに筋肉がつってしまった。動けない!まだこれから最後の坂が残っているのに!
当然もう乗ることはできず。だらだら坂をてくてくと歩きながらの帰宅となった。
無謀なデビュー初日となった。まあ事故後転倒もなく無事に帰れて幸運だったかもしれない。
これからはしっかりと身の程をわきまえて計画的に走ることとしよう。
c0074640_22462542.jpg



by youknow1957 | 2009-09-06 22:11 | 再び自転車


<< 坂に挑む      自転車生活開始 >>